Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

結局のところこの自転車には縁がありませんでした。

 ちょっと前の記事でダホンのデモンタブル車の分割部分の固定が弱いという記事を書きましたが、購入店でカーボンパーツの滑り止め剤(フィニッシュラインのファイバーグリップ)を分割部分に塗布してくれてほんのわずかしかずれない様にはなりました。しかし、ほんのわずかだといってもフレームの分割部分がずれるというのは車道を走らなければならない自転車では気になります。あと、滑り止め剤でずれ対策しているのもやはり気持ち悪いと。

 中略

 結果、昨年9月に購入したばかりで装着パーツなどもほとんどいじってもないデモンタブルのスムースハウンドですが手放すことになりました。購入後しばらくして昨年11月中ごろから今年の2月まで自転車に乗らない期間があったので積算走行距離は大して伸びずサイコン読みで610kmでした。(私が買った個体特有だとは思いますが)分割部のずれに非常に不満を持ったのを除けばメーカー希望価格13万という値付けに相応しい自転車でした。ただ、分割フレームは折り畳みフレームに比べて輪行袋などにまとめるのに手間がかかり、どちらかというと自動車への積載向けのようでした。現行のスムースハウンドがデモンタでなく折り畳みに変えられたのもメンドクサイってユーザーの声があったからなんでしょうね。
 スムースハウンドの次は実はもう2機種に絞られているんですがまだ予定段階ですのでまた後日記事にしたいと思います。
スポンサーサイト

本日の走行距離2012/3/16

スムースハウンドで40分で距離11kmを走行。

フラットバー改造よりもドロップ化か?

 スムースハウンドのフラバー化と9s化を同時にしようかと考えていましたがステムを短くしてドロップにするってのもありかと思えてきました。そして9s化は我慢。というわけで使ってないパーツを漁って今使えそうなパーツをリストアップしてみたいと思います。

IMG_0314.jpg
日東のM153STI400mm幅・・・ビアンキミニベロ用のリプレースとして購入した割とコンパクトなドロップハンドルですがさらにコンパクトにしたくてTNIエルゴノミックシャローエコに変えたのでお蔵入りしていました。クランプ径26mm。
ビアンキミニベロ8のデフォルトドロップハンドル・・・幅は390mmと小ぶりなんですが丸ハンで最近の小ぶりなドロップハンドルにくらべると大柄。クランプ部が2重パイプ状になっていてそこだけポリッシュとなっています。クランプ径25.4mm。
タイテックのチタンフラットバーハンドル・・・既に手放したTREK7.3FXにつけてました。若干ベントされていますが角度的には手首に優しくないストレート形状です。材質的には柔らかくて手首に優しく、そして軽量です。クランプ径25.4mm。
IMG_0336.jpg
ボントレガーのステム・・・TREK7.3FXのポジション調整で後から買ったパーツです。ボントレガーのレースグレードで確か5千円前後だったはずです。ハンドル側が2本締めなのがちょっと気に入りませんがそこそこ軽くて作りも悪くなし。クランプ径25.4mm/突き出し90mm/10度。
シマノ8sカセット12-25T・・・ビアンキミニベロ8のデフォルトカセットです。スムースハウンドのデフォルトはシマノ8sカセット11-32Tです。現状でスムースハウンドのリア11Tは踏めなくもありませんが基本的に選択する気がなく、クロウスレシオになるなら12-25Tの方がよいかと思います。登板時を考えると32Tの方がよさそうですが逆に20インチ(406)車の前インナー44Tで後ろ32Tもやりすぎな気がします。
IMG_0317.jpg
スムースハウンドのデフォルトステム・・・突き出し100mmでクランプ径31.8mmのステムです。デフォルトマスタッシュバーは25.4mmクランプ径なのではじめから変換シムが使われています。また、スムースハウンドはフォークのコラムの上に突起の付いたスペーサーが被されていてステム側にも突起に対応した溝が切られているのでハンドルの位置決めが楽になるようになっています。突起付きのスペーサーをはずせば一般のステムがつくようになるようです。

 とまあ、カセットのみハンドル周りではありませんがハンドルを今のマスタッシュから変える際に使えそうな手持ちパーツが以上となります。で、なんでハンドルを変えるかと言うと。
・希少なマスタッシュ自体の見た目はよいがちょいと幅広すぎて取り回しが悪い。また、自転車全体の見た目バランスで言うと頭でっかちすぎる。
・余らしているハンドルを使ってやりたい。
・出来たら(ブレーキを握れる状態の時に)もうちょっと前傾のゆるいポジションにしたい。
というのがもっともな理由なんですが一番の動機は完成車状態から何らかのパーツ交換をして自分仕様にしたいからです。もっとも言ってしまえば基本的にカスタムなんてカスタム自体が楽しくてry

 では、今あるパーツだとどのようなハンドル周りに出来るかというと。
IMG_0321.jpg
・現在のマスタッシュバーでは写真の赤丸付近が基本の握り位置となります斜め握りに近いですね。
・フラットバー化だと写真の青丸辺りを握ることになり前傾姿勢の解消という意味では一番効果がありますがアップライトになりすぎる気もします。あとは横に握るよりも縦に握ったほうが手~肩の負担が少ないです。さらに改造費で言うとブレーキレバーとシフター・握りの新規購入が必要で財布的に厳しくなります。ワイヤー関連の長さ調整も必須だと思います。幸いステムはデフォルトのままでいけそうです。
IMG_0323.jpg
・ドロップの場合、写真の緑色丸付近がブラケットポジションになりそうですがこれはボントレガーのステムを水平に近い向きにしてビアンキミニベロのデフォルトハンドルを使った場合です。現在のマスタッシュバーの握り位置とあまり変わりがないように思いますが、握り高さが下がるので逆に若干姿勢がきつくなるかもしれません。しかし、ステムの向きや取り付け位置変更で緩和されるかもしれません。デフォルトステムも物理的には使えますが突き出しの長さがボントレガーのより長いので選択肢になりませんね。ボントレガーのステムがだめならさらに突き出しの短い25.4mmクランプのステムの新規購入となります。ほかに新規購入が必要なのはコラムスペーサー・バーテープくらいでしょうか?ワイヤーはつけてみないと分かりませんがフラットバー化より必要なワイヤー長の変動は少ないように思います。
IMG_0327.jpg
・日東のドロップハンドルだとビアンキミニベロのデフォルトハンドルより少し突き出しが短いです。また、クランプ径的にボントレガーのステムが使えないのでステムは"スムースハウンドデフォルトステム流用+変換シム新規購入"or"ステム新規購入"となります。やはりデフォルトステムは長さ的に使えそうにないので70mmくらいの突き出しのステムを購入することになりそうですが、希望している現状よりアップライトなポジションには確実にできそうです。ちなみに日東のこのハンドルは下ハン部分を25mmカットしています。

うーむ、現時点では日東のM153STIへ交換が一番よさそうですね。

スムースハウンドのパーツ交換構想2012/2/28

IMG_0291.jpg
 現在、デモンタブルフレーム分割部の不具合で修理待ちとなってる私のスムースハウンドですが上の写真のフラットバーをつけたくてうずうずしています。タイテックのチタンフラットハンドルです。これは以前乗ってたTREK7.3FXにつけてたパーツで7.3FXを当時の職場の方に譲った際に取り外して手元に残したパーツです。とても軽量で柔らかいハンドルですのでがつがつと走るにはあわなそうですが衝撃吸収性は優れていそうです。これをスムースハウンドにつけたいんですよ。スムースハウンドにはデフォルトパーツのマスタッシュバーが今付いていますが主に見た目の問題でシンプルなハンドルに変えたいのです。ついでにこのチタンハンドルなら軽量化にもなりますし使わないでとっとくのももったいないです。まあ、マスタッシュのままの方が手・腕はしびれにくそうなんですがね。

 では、スムースハウンドをフラットバー仕様にするには何が必要なのかリストアップしてみます。
フラットバー・・・既に持っているタイテックのチタンバー・・・0円
ブレーキレバー・・・テクトロのドロップ用Vブレーキレバーがデフォルトなので必要。・・・2000円前後
シフター・・・デフォルトがバーエンドコントローラーなので流用にはポールやディズナのアダプターが必要ですが割高なので一般的なトリガーシフトに変えたほうがよさそう。ついでにフロントWギアをシングルに変えたいので場合によってはリアのシフトレバーのみでいいかもしれないです。・・・3000-7000円程度
グリップ・・・今のマスタッシュバーにまかれているバーテープが厚手なのでそれをニギリがわりにまいてもいいんですがエルゴンのグリップに興味あり。・・・0-4000円
カセット・・・デフォルト構成が9sティアグラを8sで使用しているのでどうせなら11-25か11-27の9sカセットにして9s仕様にしたいです。・・・3000円くらい
クランク周り・・・デフォルトクランクはアウター55Tでインナー44Tです。ですが登坂はあまり考えていませんのでインナーは不要です。なのでFDとインナーは取り外そうかと思っています。さらに希望としてはアウターも53か52Tにしてギアカバーをつけたいところです。・・・0-10000円
ワイヤー関系・・・2000円程度
シートポストとシートポストクランプ・・・ポンプ内蔵のシートポストが標準品としてついてきてますがちょっと見た目が安っぽくてポンプ内蔵だからか重いので交換したいところです。ついでにクランプも。・・・3000-10000円

 なんか最後のほうの項目にフラットバー化に関係ないのが混じってますが何ででしょう。まあ、シートポストとアウターギア交換は見送るにしても9s化はフラットバー化と同時にやったほうが無駄が少なそうなんでやるべきかと思います。使うパーツのランクで変動はありそうですがフラットバー化&9s化がパーツ代15000円程度でいけそうではあります。店でやってもらう場合はさらに工賃がかかりますが。

 と、妄想はとめどなく続くんですがまずクリアしないといけないのはスムースハウンドのフレーム修理がうまくいくかどうかなんですけどね。

※追記
チェーンも交換になりそうですね。

本日の走行距離2012/2/27 とスムースハウンド

スムースハウンドで距離6km走行…すくなっ。ええ、これはスムースハウンドの不具合を見るためにちょっと乗ったんですよ。
 私のスムースハウンドは昨年9月の購入当初にデモンタブルフレーム(分割式フレーム)の分割部分が乗ってるうちにずれてくる不良があって購入店にも報告し分割部のねじを新品に換えたりと処置はしていたんですよ。それでも乗ってるとずれていたんですが、買った昨年9月から11月は一度の走行距離10kmちょいしか乗ってなく、まあ多少のずれならこまめに分割部のねじをしめ直せばいいかなと放置してたのでした。そして11月中ごろから自転車に乗らなくなりそのまま1月末に体調不良になり入院前後から治療をかねて自転車乗車を再開したまで分割部がずれる不具合の程度をしっかり確認するどころかスムースハウンドにはあまり距離乗っていないんですよ。サイコン読みで積算走行距離は約500kmですからね。で、このあいだの土日でそれぞれ16kmと18kmを走りつつ分割部のずれを観察してたんですが分割部がほっとくと3-5mmくらい動いてしまうんですね。こんだけずれると変速にも影響でそうですし、見た目もよくないし、なにより走行中にフレームが変なことになってしまわないかと不安になってしまいます。
 という訳で買ってまだ5ヶ月(うち3ヶ月程度は自転車自体から離れていた)、乗ったの距離もまだ500kmなのでこのままほっとくのももったいないので購入店に対処のお願いをしてきました。そして購入店が輸入代理店に確認したところ新品に換えたねじセット以外にも交換できる部位があるからそれを探してみるとの事らしいのですが、なにせデモンタブルのスムースハウンド自体が数年前に製造中止になっているのでその部品が見つからない可能性もあるとの事でした。まあ、その場合にはまた違うメーカーや購入店の対応があるはずですがどうなることやら。

本日の走行距離 2012/2/26

スムースハウンドで1時間10分で距離18kmを走行。サイコン読みのAve15-18km/hくらいであればそこそこ長距離は知れそうな予感。

昨日の走行距離 2012/2/25

昨日はスムースハウンドで45分距離16kmを走行。
感触としては距離25-30kmはそこまできつくなく走れそうな気配はあります。

ダホン スムースハウンドその2

dahonsmooth120213.jpg
http://ochablog.blog63.fc2.com/blog-entry-638.htmlの続きです。
昨年9月に買ったダホンスムースハウンドの紹介です。

標準のスペックは前回を見てもらって、以下は変更点です。
・泥除け:ブルーノのオプション泥除けを装着。スムースハウンドを買ったお店の在庫品でした。金属製に見えますが樹脂にメッキ?したような感じです。ピカピカしてるわりに手入れは楽そうです。
・リアキャリア:ダホンのオプションリアキャリアですが本来スムースハウンドには適合していないタイプのものです。そもそもそもこの年式のスムースハウンドにはシートステイにダボ穴がなくリアキャリアの装着が考えられていないようです。ないダボ穴はバンド小物で代用していますが取り付けが水平にはならなかったのが残念。強引に曲げれば水平になりそうですが失敗した時を考えてノータッチです。重量物でなければ多少水平じゃなくてもちゃんと積載できるでしょう。キャリアにつけてるゴムロープはキャリア付属のです。
ちなみに泥除けもリアキャリアもお店任せでチョイスも装着も店でしてもらったので人任せで投げやりです。
IMG_0240.jpg

乗り心地は硬いですね。以前所有してたTREKの700cクロス/7.3FXと同じくらいの硬さを感じます。標準タイヤがシュワルベマラソンレーサーでちょっと硬く感じるのでシュワルベコジャックなどにやわらかそうなのに変えようかなとも考えています。初期状態なら重量はメーカー表示で10.7kgのようですがいろいろ追加した結果12-13kgくらいにはなっていそうです。その上小径ですので遅いです。アベレージの走行速度は7.3FXの4km/h落ちくらいです。
IMG_0241.jpg
小径ですが直進性はかなり高く感じます。上の写真はビアンキミニベロと前ハブの位置をそろえて並べたものです。赤線がスムースハウンドのハブ位置なんですがビアンキミニベロと比べるとホイールベースの長さがわかるかと思います。

というわけで遅くて乗り心地的に長距離も走りたくない自転車ですがさらに前籠をつけて買い物スペシャルにしたいなと考え中です。

本日の走行距離 10km 12/02/12

 本日は太ももに若干の筋肉痛がありましたがスムースハウンドで10kmちょいを走行。お尻の痛みはだいぶマシになってきました。10kmちょいの時点でまだ体力的に余裕がありそうでしたが昨日のように足を痙攣させながら帰途につくのも馬鹿らしいので余裕のあるうちに切り上げました。体調が戻り、乗りなれればまた50kmくらいは乗れるようになるでしょうが先は遠そうです。

デモンタブルのミニベロ ダホン・スムースハウンド

IMG_0168.jpg
S90

 先日の記事でTREK 7.3FXを処分したと書きましたが代わりに入手したのがダホンのスムースハウンドです。2011モデル以降では折り畳み式となっていますが入手したのはデモンタブル(分割式)の2008年か2009年モデルです。入手の際の条件は片道15kmの通勤に問題なく使える走行性能あることと所有している自動車(YRV)の後部座席を片側しか倒さないor倒さないで車載できることが条件でした。で、当初はダホンのスピードP8やカーブSLを検討していましたがちょうど11年モデルから12年モデルの切り替え時期でしたので近所の自転車店で長期在庫になっていたデモンタブルのスムースハウンドを買うことにしました。まあ、センタースタンドをつけて10万まで値引けたのでいいとしましょう。

主なスペックは以下
・公称重量10.7kg
・ギアは前2段後8段。色々ミックスでRDが9速ティアグラですが9速のところを8速で使用しています。FDはマイクロシフトでシフターは8速のバーエンドシフター(アルテグラ?)。クランクはFSAの安物。
・ブレーキはレバーはテクトロのRL520でブレーキ本体はダホンのVブレーキ。
・ハンドルはマスタッシュバー
・サドルはB17スペシャルでシートポストにはポンプ機能付
・ペダルは三ヶ島の脱着ペダルのEZY MT-E
どうせだったらリア9速にしてもらいたいところですが値段なりのパーツはついているかと思います。

追加・交換したパーツは以下
・ブレーキをダホンの物からシマノのデオーレに交換
・シューをスイスストップの緑に交換
・キャットアイの無線サイコン
・フロントライト(7.3FXから流用)
・フロントライトその2
・バックライト
・オーストリッチのサドルバッグ(ミニベロ8から流用)
現時点ではパーツ交換に20万ほどかけてしまったミニベロ8のようなことはスムースハウンドではしない予定です。予定としては泥除けとキャリアの追加くらいでしょう。

200kmほど走らせた感想やら問題点
 初期不良としてはダウンチューブの分割ネジがなめていた・ディレイラーの調整が不完全・ブレーキレバーの取り付け位置が左右非対称・ブレーキシューとリムとのクリアランスが接近しすぎ・ホイールが振れていたといった問題点がありました。なめていたネジ・ナットの交換とホイールの振れ修正は購入店にしてもらいましたがあとの問題点は自分で修正しました。自分でやったRDの調整はロー側のストローク調整がイマイチうまくいっていませんが一応問題なく変速するのでほどほどで手を打ちました。ホイールの振れ修正に関しては購入店の店主さんが言うには小径だからちょっと完全な修正は厳しいということで気持ち改善された程度でしたが走行時にブレを感じるほどのフレじゃないのでまあこれも良しとしましょう。
 走行させた感想はフレームがよれる感じはまったくなく立ち漕ぎも可能。マスタッシュバーの使用は初めてですがブレーキ部分を握れば少し遠目のフラットハンドルくらいのポジションとなり、手前側を握れば若干前傾気味なママチャリポジションとなります。ドロップハンドル車のような走りは不可能ですがクロスバイク的~ママチャリ的なポジションを広範囲に選べて面白いハンドルです。私は自転車通勤時にリュックを背負いますが、リュックありでのドロップハンドル車は背中がけっこうつらいのに対してマスタッシュバーはアップライトポジションでリュックが負担になりにくくていいですね。速度的には手持ちのミニベロ8に比べて5km/hほど遅い感じでサイコン読みで無理せず走り続けられる速度は20km/hから25km/h程度です。まあ速くはないんですがアップライトなポジションもあいまって写真撮りながらサイクリングに使うんならいいんじゃないでしょうか。

分割に関して
 自宅で整備ついでに何度か分割してみましたが車載や輪行での分割はまだ試していません。なので分割に関してのちゃんとした感想はまだありません。ちなみにダウンチューブの分割部分が乗ってるうちに少しずつずれていくようです。当初、固着防止にグリスを塗ってたのですがその状態ではかなりずれやすく、後にアルコールでねじ山以外のグリスを塗った接触面を脱脂しても多少はずれていくのでそういうもんかもしれませんし、脱脂不足かもしれませんし、搭乗者の体重がryかもしれません。ダウンチューブの接続部に関しては要注意かもしれません。

FC2Ad