Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

YRV弄り090228

ワイパーゴムを取り替えました。
びびり音は出てませんがふきムラが結構目立つように思いますので。。。
フロント2箇所リヤ1箇所で約2千円でした。
スポンサーサイト

090223

IMGP0979.jpg
Optio W30

三菱鉛筆 ピュアモルト SS-1025 ボールペン

小学校高学年から中坊の頃、文房具が好きで少ない小遣いで買いあさっていました。
その後、文房具以外にも欲しい物が色々でき、浪費対象としての優先順位がどんどん下がっていきましたが
未だに面白い文房具を見るとほしーくなってしまいます。
で、ここのところ文房具への興味がちょっと盛り上がりつつあり、うまーく抑制しないと浪費沼に踏み込んでしまいそうです。

と、前振りをしてあえて買ってしまったのがこれ。
IMGP0952.jpg
三菱鉛筆のピュアモルトボールペンです。
ウィスキー樽を軸に使っていてなかなか手触りもやさしくて良い風合いです。
ピュアモルトシリーズにはボールペン・シャープペン・多機能ペンなど数種類あり
今回選んだのが千円の細めボールペンでオレンジカラーのです。
3千円ちょっとの多機能ペンもほしかったのですが色が黒で地味だったのと財布からストップがかかったので見送りました。
IMGP0950.jpg
ボールペンの芯自体は数百円で買えるボールペンと一緒なので特殊な仕様じゃないんですが
プラ軸に比べると木の軸は手に馴染んでよいです。
重量はそれなりにあり、もうちょいと重心がペン先に偏っていたほうが個人的には好みかも。。。
職場で使う予定ですが1000円なら気にしないで使えるかもったいないかのボーダーラインでしょうか。。。

0809xx

080906f60135-105400txpens.jpg
Pen S2.8

081112

DSCF1215.jpg
Finepix F700

090221

IMGP0938.jpg
OptioW30

SONY EX90SL

1年以上前に買ったイヤホンですが紹介していなかったのでいまさらですが紹介してみます。
というか、生産完了品ですのでもう売っていないような気も。

日本のスタジオでは定番らしいMDR-CD900STをインナーイヤーヘッドホンで再現しましたってコンセプトらしいです。

ギターをやっている友人のMDR-CD900STは何度か聴いたことがありますが
解像度が高いけれども高音がザクザクと耳に突き刺さる感じで音場も狭く疲れる音という印象でした。
モニターヘッドホンとしてはそれでいいんでしょうね。
正直、900STのまんまだとEX90SLって普段使いには微妙な評価になってしまうのですが。。。
しかし、実際には値段の割りに解像度が高く、とげとげしいまではいかないまでも高音域に華やかさがあり、インナーイヤーの割りに音場が広いとなかなかの名機です。


現在メインで使用しているヘッドホンは自室用にDT880Pro(パソコン搭載のEMU0404と接続)・職場の休憩時間用にK26P(DAPと接続)・睡眠しながらのリスニングと外出用にEX90SL(DAPと接続)の3つなっています。
そこでEX90SLとDT880Pro・K26Pの比較をば。
解像度 DT880Pro>>>>EX90SL>K26P
音のバランス DT880Pro(やや高音重視) K26P(低音重視) EX90SL(やや高音重視)
音場の広さ DT880Pro>>>>>>>K26P>>EX90SL
遮音性 K26P>>>>>>>EX90SL>>DT880Pro
携行性 EX90SL>>>K26P>>越えられない壁>>DT880Pro
値段 DT880Pro(3万円台半ば) EX90SL(9千円程度) K26P(5千円程度)

音質勝負では3万円クラスのDT880Proを持ち出すと1万円以下のヘッドホンは基本ゴミになってしまうのは仕方なし。
また、インナーイヤータイプは基本的にオーバーヘッドタイプと比較しちゃうと
音場が狭くて自然な聞こえ方はしにくいです。
それを踏まえるとEX90SLは相当良いといえるでしょう。
少なくともK26P相手なら解像度では勝ち、音場の広さで負けていて能力的には互角とも言ってもいいかとも。

YRVのスピーカー

YRVに今つけている社外スピーカー(10cm)で低音が強い曲でびびるのを直すために
取り付けをやり直したと以前書きました。
無事おさまったかに見えましたがジャズでウッドベース(コントラバス)を弾きまくっている曲や
一部アニソンでいぜんとびびり音が出ていることが確認できました。
ラウドネスを切り、イコライザーも低音を標準にし、音量もそれなりにすればほぼびびり音は出ないんですが少し気になるところです。

対策としてはデッドニングなんでしょうが。。。
デッドニングを自分でやった経験もなく、スピーカーをダッシュボードに取り付けるタイプなので作業難度が高そう。。。
そもそも運転中に音楽の音量上げすぎると車外の音やロードノイズが聞こえづらくなり、
速度感覚が麻痺してくるのでこのままの方が安全なのかもしれませんorz

ビクトリノックス ブレードレスT

高校以来キーホルダーとしてビクトリノックス最小の58mmモデルを愛用していましたが
刃渡り4cm位のミニナイフであるにもかかわらず繁華街にいた警官から
あーだこーだと言われたことが昨年あり、その後うんざりして人にあげちゃいました。

しかし、ナイフはともかくハサミは日常生活を送る上でも頻繁に必要になりませんか?
実際、今まで愛用していたビクトリノックスも使うのはハサミばかり。
というわけでビクトリノックスの58mmモデルのブレードレスをお買い上げ。
http://www.victorinox.co.jp/products/multi_tools/index4.php?CS_Code=1-21-4&PHPSESSID=q043bq4uen32fqh1as209uulq3&barcode=0.6263.T
ナイフの代わりに栓抜きとプラスドライバーがついただけで今まで使っていたのと違和感もなく
特に新たな感想もなしと。

対抗馬としてはレザーマンのスクォートS4ナイフレス
http://www.leatherman-japan.com/contents.php?id=111
もありましたが
近所のアウトドアショップに在庫がなく取り寄せになる上に
値段が倍以上になるのが貧乏人にはつらいところ。
あと、全長はビクトリノックスとほぼ一緒ですがレザーマンのは太くて重いと。。。
ただし、レザーマンの方がハサミが使いやすそうなのは事実。。。
今回は見送りましたがほしいかも。

YRV弄り090215-2

前マイカーJA11ジムニーには当然キーレスエントリーなんてものはなく、
JA11の前に借りていたり、JA11が故障してYRVに乗り換える間借りていた親の軽トラにも当然そんなものはついていません。
というわけでキーレスエントリー初体験なわけですが半ドア状態だと無効なんですね。
本日、キーレスが突然効かなくなり、電池切れかと思ってホムセンに行ったんですが、リヤハッチが半ドア状態でした。
いや、室内灯の設定をドアオープンで点灯にしてあるんですが点灯しっぱなしで運転席を開け閉めしても消えず、なんか変だなと思ったんですが。。。
リヤハッチでしたorz
まぁ、ホムセンの駐車場で念の為に全部のドアを開け閉めして確認し、勘違いだと分かったので無駄に電池を買うことは避けられましたが。。。


JA11に若干色温度の高い社外バルブを付けていたのを思い出し
もぎとってYRVに移植しました。
真っ青なライトはさすがに付けたくありませんが
適度に白いライトのほうが最近の車らしくなるので見た目は好みです。
が、色温度が低いほうがホントは道路の白線も見やすいんですけどねぇ。

YRV弄り090215

スピーカーの配線接続を修正して正常に音が出るようになったのですが
特定の曲(メガデスの某曲)でびびり音が目立つようになりました。
2千回転くらいで回しているエンジン音がよーく聞こえるくらいの音量なら問題ないのですが
隠れるくらいの音量になると連続したびびり音が左スピーカーのみからでて耳障りだと。

と、ここで重要なのが社外スピーカーに交換するとき面倒なので付属のスポンジテープをスピーカーとダッシュボード取り付け孔の間に挟みこまなかったという事実。
横着はいけませんよ。。。

というわけで再度社外スピーカーを取り外してスポンジテープをスピーカーの取付金具に貼り貼り。
そして再取り付け。
うほ、びびり音が出ていた曲を相当大音量にしてもびびり音なし。
やっぱり横着はいけませんね。。。

090209

SDIM2208.jpg
DP1

とりあえずYRVのエクステリアのまとめ

SDIM2184.jpg
フロントのデザインはかわいらしさと精悍さを兼ね備えていい感じです。
チンスポイラーは一応純正オプションですが擦りそうで気になるレベル。
フォグはヘッドライトと色温度が大差なくフォグというよりドラインビングランプといった趣。
SDIM2174.jpg
ルーフアンテナは伸縮式でなく着脱式ラジコンのアンテナみたいでかわいい感じ。
幅広のエアインテークですがボンネット内のインタークーラーの大きさの倍以上あり、
見た目重視っぽい。
SDIM2189.jpg
リヤのクリアテールは純正装備。
マフラーはターボRグレードのみが他のターボグレードよりも音量の大きいマフラーをつけているようですが
ほんのちょっと低音が効いているといったレベルです。
前から見るよりも後ろから見たほうが背高に見えます。
派手なリヤウイングはこう見えてメーカー純正オプション。
リヤハッチの下端は結構高く、荷物を積みやすいわけでもなく
荷室自体も荷室・アンダートレイ・スペアタイア室と3層構造になっていて
荷室自体は高い位置にあり高さ方向の荷室容積は見た目に反して少なめです。
SDIM2188.jpg
YRVのデザインで評価されたというのがサイドウィンドウの下端がつながっていないところです。
確かに、外から見ると動きのある印象で面白いです。
が、実用面で言うと下端が後ろに行くにしたがって持ち上がっているので窓を開けたときに肘を窓枠にのせられません。
が、肘を窓枠にのせたいと思う人がどのくらいいるか。。。
ターボRは他グレードよりもローダウンされた足回りを標準でもっています。
さらに純正オプションのカーボン調エアロのせいで相当、ボディ底面が下がっている印象を受けます。
SDIM2180.jpg

久しぶりに

久しぶりにトレック7.3FXを引っ張り出して。。。
お掃除w

いや、乗ろうかとも思ったんですが
SPDからノーマルペダルに戻そうかして歯が立たなかったのでふくピカでふきふきするだけとなりました。
SPDだとふらふら走りながら写真を取るってのには不便なんですよね。。。
自分がつけたくてつけたくせにねw

昨年10月くらいからまともに乗った記憶がないので体がなまってやばいのでそろそろ乗らないとやばいんですがね。。。
気候も暖かくなってきましたし明日こそ。。。
でも花粉が。。。

YRV弄り090214

納車直後からYRVで音楽を聴いているとどうも今まで愛聴していた曲のあるパートが変に聴こえていました。
他サイトを斜め読みしていると標準のスピーカーの極性が一般的なのと違うらしい?ので標準スピーカーの納車直後は正常だったのかも?
しかし即効で社外スピーカーに変えたので記憶があいまい。
とにかく、スピーカーを交換してからも音質はともかく、聴こえ方がどうもしっくりこないので
本日、ヘッドユニットのバランスとフェーダーの調整機構をいじくりながらセンターインパネ内の配線を確認すると。。。
案の定ごちゃごちゃでした。
うちのYRVはフロント2スピーカーの構成なのに、納車時の配線状態はフロントLとリアLがつながっていたようでした。
これでは変に聴こえるのも当然とorz

社外オーディオ取り付け配線のギボシ端子部は表示どおりに接続されていたので
根本的な配線がどこかでおかしいのかもしれません。
対処としてはヘッドユニットのバランスとフェーダーで確認しながらの総当り的な接続確認で対処をしました。
一応、ちゃんとなるようになったはずで、特に違和感を感じていた曲も比較用に持ち込んだメモリーオーディオと同じように再生したので問題なしでしょう。
次のページ

FC2Ad