Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

体調不良でした

金曜から風邪をひいて
週末はダウンしてました。。。
明日の仕事いけるか微妙。
先週、先々週はそれまで残業無しで住んでいた業務がいきなり忙しくなって残業続きになっちゃった影響でしょうかね。。。
やっぱり、夜9時以降までの残業が続くと疲労がたまります。。。
スポンサーサイト

納車後1ヶ月以上過ぎ

私のYRVターボRも納車後1ヶ月以上たち
大分、慣れてきました。
そこで慣れてきてからの感想をば。

ちなみに今まで乗ってきた車は昔いた職場の社有車のワゴンR&Kei(毎日のように仕事で乗っててこの2台でペーパードライバーから脱却)に
ジムニー買うまでやジムニーが壊れた後のつなぎの通勤用に借りていた親のミニキャブ(軽トラ)
さらに前所有車のJA11ジムニー
と見事に軽ばっか。。。

軽からYRVターボRに変えてまず変わったのが。。。
アクセルの踏み方ですね。
軽く踏んでもそれなりの加速、軽のときの踏み方だとちょっと危ない加速。。。
というわけで軽のときよりもアクセルの調整がこまやかになりました。

乗り心地はよくないらしいんですがJA11ジムニーからなんでむしろ快適。
軽よりも多少でかいくらいなので取り回しは結構楽。
室内空間はJA11ジムニーとは雲泥の差で広く、頭上空間にも余裕があって切迫感がないので気が楽です。
ただし、足元空間がそんなになく、前オーナーがつけていたETC車載機が左足にあたって左足の自由度がありません。。。
違う場所に移設したい。。。
室内の静粛性はそれなりなんでしょうがジムニーに比べればry
ダッシュボードのスピーカー取り付け口が10cmスピーカー対応で加工無しだとしょぼしょぼなスピーカーしか選択できないんですがダッシュボードにスピーカーがあること自体はいいですね。
足元やドア側面だと音がダイレクトに伝わってこないのでいいスピーカーでもその辺は割り引く必要がありますから。
現状では純正スピーカーからアルパインのSTE-100Cに交換しましたが
ウッドベースぶりぶりジャズなんかで低音がビビリやすいので
ゴムシートでも貼ろうかと画策中。

燃費は飛ばしても10km/Lは切らず、燃費意識した運転なら通勤路でも13km/l程度は走っています。
普段通りの走らせ方だと11か12km/L位でしょうかね。
ただし、ハイオクを買ってからずーっと入れてますから
レギュラーで8km/LくらいだったJA11ジムニーより負担が軽くなったかというと多少よくなったくらい程度かと。
それよりもガソリン価格がJA11が壊れた頃よりも下がっているのでそっちの恩恵の方が高いかと。

普通に走らせる分にはサスペンションの能力不足は感じませんが
緊急回避的に急制動と旋回を同時にするとフロントが思い通りに動かない感覚があります。
ワインディングでは軽トラやJA11ジムニーと比べて鼻先が重い感じがあり軽快感はありません。
ロール量は多いと思いますがJA11ジムニーに比べるとロールしていないと思います。
高速道路では欧州仕様ではノーマルで210km/h出るとのことだけあって直進性は良いと思います。
まぁ、比較対象のJA11ジムニーや軽トラは高速走行時は常にハンドルで修正の用意が必要なくらいでしたから。。。

荷室容量はJA11ジムニーと大差がないんですが後部座席が使い物にならなかったJA11ジムニーからすると
4ドアのYRVは後部座席も荷物置き場にしてしまえば容量も増え、出し入れも楽です。

総評としては。。。見た目がちんまい割りに飛ばせる車でメーカーも元気で爽快なキャラクターで売り出したのもうなづけます。
が、この車を選びちょくちょくすっ飛ばしている私が言える義理でもないんですが
直線をすっ飛ばせる豪快なキャラクターってのは非常に危ないわけでして。。。
直線をそこまですっ飛ばせなくても山道でもっとハンドリングが良い車であった方が良いのかもしれません。
といいつつ好きですよ。中古価格も高くないですし、税金も安く・燃費も割りと良く・稀少で・デザインもなかな車なんで。

090321-1

SDIM2390.jpg
DP1

090314-3

SDIM2346.jpg
DP1

090314-2

SDIM2373.jpg
DP1

090314-1

SDIM2367.jpg
DP1

DENON AH-C700-s ただしエージング前

職場で休憩時に使用していたAKG K26Pのイヤパッド(人工皮革?)が経年劣化でぼろぼろと崩壊してきたので代替として購入。
当初はK26Pの様な折りたたみ式小型オーバーヘッドヘッドホンの方がよかったのですが
地方だとまともな選択肢がオーテク位しかないので迷っていたところ
地方の店頭では安めの1万弱で売っていたのでインナーイヤーですが買ってみました。
すでに持ってるEX90SLと比較して音漏れの少ない方を職場用にしようと思います。

エージング前なんで詳しく書いても意味がありませんが
使い込んだEX90SLとの比較をば

値段はEX90SLは既に生産完了品ですが販売当時は8000-10000円くらいでしょう。
C700は10000-15000円ですのでC700の方がやや高価ですね。
音のバランスとしてはややどんしゃり気味でなかでも高音がやや支配的なEX90SLに対して
C700ははっきりとしたどんしゃりです。
エージング前のC700は結構音にエッジが感じられますが使い込んだEX90SLにはエッジはなし。
再生機器との組み合わせもあるでしょうが現状のC700位のエッジはあった方が好みですね。
ただし、何時間も聴いてるとC700は疲れそうです。
音の分解能はEX90SLの方が上手で音場の広さもEX90SLの方が上手。
つまりC700の方が元気なキャラクターと言えるでしょうが音質はEX90SLの方が上手ですね。

どちらもカナル型の割には音漏れがするほうかと思いますがC700の方がマシです。
ただし、音漏れするとは言ってもEX90SLでも常識的な音量なら周囲に迷惑がかかるほどのものじゃないです。

結論。
まだC700はエージング中なので最終評価は保留。
でも、エージングが済んでもEX90SLの方が音質面では上だと思われます。

090306

IMGP1001.jpg
Optio W30

Philips flash 38CTB

いつものカメラ屋で差し入れにお茶もって行ったら
かわりに貰いました。
IMGP1018.jpg
ググってもほとんど情報が無く38CTという類似モデル?の情報が分かったのみ。。。
38ctの情報と38ctb実物を見て推測したスペックは。。。

ガイドナンバー38(ISO100時)
外光オート調光(3段階)
マニュアル発光(フル発光の1段のみ)
発光部の上方への角度調整可能
左右首振り可能
単三電池4本
スレーブ発光

IMGP1019.jpg
といったところです。
マニュアル発光がフル発光のみなのがNGですが
オートが3段階なので外部調光オートの割りに絞りの選択の自由度があるのは美点です。
(つまり設定感度に対して絞り値を3種のうちから選べる。)
照射範囲は手持ちのサンパックB3000S(酷使していてへたり気味)と大差が無いので
135判の35mmをカバーと推測します。
B3000Sよりも色温度が高めで個人的には38CTBの方が自然な色味に感じます。
ホットシュー接続部根元で左右首振りができますが調光センサーも同じ方向を向いてしまうため
左右首振り時には外部調光はまともに利きません。
サイズとしてはガイドナンバーの割りに小さいです。

電池室の接点が錆びてましたが軽く磨いてやったところ問題なく使えるので
愛用中のB3000Sが相当へたってきているので38CTBを代わりに使えるかもと思っていますが
B3000Sの方が鞄への収まり具合がいいんですよね。。。
あとマニュアル発光時にコントロールしやすいのもB3000Sですし。。。

DP2とマイクロフォーサーズ

シグマからDP1の派生機種DP2発売予定であることは周知です。
で、DP2ですが画像エンジンの変更で連射能力がDP1よりも向上しているのは
DP1ユーザーからするとうらやましい点です。
また、開放F値2.8ってのもうらやましい点。
135判換算28mmF4と41mmF2.8という異なった画角のレンズなんで単純に比較はできませんが開放F4ってのはやっぱり使いどころが限られてしまいます。
個人的には広角レンズも標準レンズも好きなんで28mmも41mmも使い勝手のよいレンズといえます。
買い増しすべきかどうか悩ましいところです。。。

現在アメリカで開催されているPMA09(カメラショーみたいなもん)でも
オリンパスのマイクロフォーサーズ機の詳細は不明なままです。
夏頃に発売予定とのことですが年内に出せるのかどうなのか???
そもそもフォーサーズ機の現行機種が5機種って変な充実振りからして
マイクロフォーサーズには力が入っていないということなんでしょうかね?
モックの外観のまま出るのなら、相当な不具合やらが無い限り私は買う気なんですが。。。

オリンパスのマイクロフォーサーズ機が見えてこないのに多少嫌気が来ているのに反面
パナのG1に少しずつ興味が出てきています。
20mmF1.7とか相当欲しい!
まぁ、20mmF1.7と未だ詳細の不明なオリのマイクロフォーサーズっていう組み合わせもあるんでしょうが。。。
パナソニックのマイクロフォーサーズシステムが以外にも魅力的に見え始めてきています。
サンプル画像を見る限りは正直イマイチなんですが
バリアングル液晶搭載であのちいささとかはいいです。
当初はEVFが蛇足とかもっと小さいほうがとか思ってましたがあれはあれで。。。

なんと。。。R-D1sの後継機が。。。あと中判カメラ

R-D1x(R-D1xG)
R-D1sのマイナーチェンジがまさかあるとは思いませんでしたよ。。。
変更点が背面液晶とSDHC対応くらいという本当にマイナーチェンジってのにもびっくりですが。。。
CCDは別にAPS-Cの600万画素のままでも個人的にはいいとしても画像処理エンジンとかも同じなのだとしたら
R-D1sをすでに持ってる人の買換え需要も微妙だし。。。
R-D1sを持ってなくて興味を持ってる人もD1xよりも値段の安いD1sの在庫に目が行くでしょうし。。。
ほんと何がしたいのか良くわからんデジカメ。。。
でも、収入が今の2倍くらいあったら欲しいと。

GF670 Professional
フジが出す中判スプリングカメラの新製品がGF670。
6x6と6x7のフォーマットを切り替えて使えるのが目新しい点。
限定5000台販売だそうですがフィルムカメラの需要が落ちきっている現状では
すぐに売り切れってことはなさそうです。
しかも、コシナが開発に絡んでいるそうで海外ではフォクトレンダーブランドで売るとのことでそれもあわせれば
2年くらいは新品で手に入れることはできそうです。
と書くくらいなので気にはなっているのですがやはり20万前後の売価は貧乏人にはつらいところ。
少なくとも年内に買うのは無理。
ただし、チャージレバーでなくノブ式な所とかシャッター速度ダイアルが左にあるところなど操作性が微妙な印象もあり。。。

FC2Ad