Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

本日の走行距離(2012/5/31)

 ビアンキミニベロで43分で13kmを走行。
IMG_1258.jpg
スポンサーサイト

本日と昨日の走行距離(2012/5/30)

 今夜はSPEED P8で46分で13kmを走行。書き忘れてましたが昨日はビアンキミニベロで30分で10kmを走行。

最近のビアンキミニベロいじりの結果写真。(2012/5/28)

IMG_1250.jpg
ホローテックコンパクトクランク・マスタッシュハンドル・クイルステム・バーテープを新調
ブレーキレバーをデフォルトに戻し
IMG_1240.jpg
軽量シートポストクランプに新調
IMG_1237.jpg
ステンのボトルケージ(白いのはミノウラデュラケージ)に新調
IMG_1254.jpg
シクロクロス向けカンチブレーキに新調

寝ずの番(2003/9/20)

kakashi.jpg
cosina MF24mmF2.8/Fuji RVP
※消滅した旧々写真サイトに掲載していた写真を再利用

本日の走行距離と自転車いじり(2012/5/27)

 ビアンキミニベロで24分で9.6kmを走行。今日は初めから短時間で済ますつもりだったのでこれくらいです。

 以下、ホコリがほとんど取りきれていない写真ですがあしからず。
IMG_1232.jpg
 ビアンキミニベロいじりは今回は2箇所です。まず1箇所目はシートクランプ。作業前のビアンキミニベロには写真右の標準シートクランプから写真にはありませんがディズナのバンテージクランプ(ゴールドカラー)に交換していました。ただ、バンテージクランプは標準比較で軽量でもなんでもない割りに使用ボルトが細くて2回ボルトをねじ切っています。まあ、トルクレンチなんてものは持っておらず馬鹿力で締めすぎたのも事実でしたが。
 でもって一時期ビアンキミニベロにゴールドカラーのパーツをつけたいと考えていましたが現在は逆にシルバー化を進めていきたいと考えています。金色パーツ自体は多少は残すつもりですが減らしていこうかと。そんなこんなでシートクランプをシルバーのに変えたいなと考えていたわけですが標準のに戻せばいいよねって突っ込まれそうです。だがしかし、標準のはちょっとぼてっとしたデザインなのがいやで新規購入となったわけです。
 で、手元に届いたのが写真左側のファーアンドニアーのシートクランプのシルバーです。全体的に肉厚な箇所がなく側面は切り抜かれています。ディズナのバンテージクランプがCBAの通販サイトによると23gでこちらが同サイトによると12g。手で持った感じとうちにあったぼろぼろの料理用秤でしらべて見ても大体半分程度の重さってのはあっているかと思います。ちなみに標準クランプとバンテージクランプだとわずかに標準クランプが重いかなって程度です。てなわけで10g程度の軽量化と希望していたシルバーカラーのシートクランプをゲットしたわけですが手で軽く握ってもぐにぐにと変形するくらい薄肉なのでボルトを2回ねじ切ったバンテージクランプよりもさらに馬鹿力に気をつけないといけないかもしれません。ボルトの破損はもちろんクランプ本体も今度は破損するかもしれません。
IMGP0247.jpg
 2箇所目はボトルケージの交換です。工作に手間がかけられていて形状も美しいと評判の日東のボトルケージのTタイプです。曲線形状が優美なRタイプと迷いましたが直線形状が端正なTタイプを選びました。ステンレスの線材を溶接して作っているようですが確かにミノウラのデュラケージと比較すると手間がかかっていそうです。ただ、溶接部の処理などでもうちょっと追い込めるんじゃないかって思う箇所もあったりします。むしろ、個人的にこのケージに感じた美点というのは手間がかけられたとかそういうところじゃなくて耐久性抜群のステンレス製というところです。前項で耐久性に疑問符がつきそうな軽量シートクランプを買った人間が言うセリフではないと言われそうですけれどもね。要はレースに出場してるわけでもないので一貫性も客観的な合理性も一切無視で、見た目でも性能でも理由はどんな側面でもいいので自分が着けたいと思ったパーツが着けば満足なのです。

 SPEED P8いじりもこちらに併記です。チェーン落ち対策としてBテンションボルトをいじってカセットとプーリーの間隔を狭くしましたが、チェーンが多少長いかなと感じて2リンクカットしてみました。仮に切りすぎたとしても近いうちにフロントギアを53Tから少し歯数を減らす予定だから失敗しても大丈夫だろうという考えからです。で、チェーンを2リンク短縮化してRDをまた再調整して2kmほど試走行してみましたが一応、上から下まで問題なしにはなりました。試走行中にTOP以外の中間ギアでチェーン外れがありましたがその場の調整で落ちないようにはなりました。ううむ、結果としては調整は出来たのですがまだまだ経験が足りないようです。

本日の走行距離(2012/5/26)

 午前中にSPEED P8で1時間39分で30.4kmを走行。いつもの坂と自転車で行くのははじめての小高い丘を含んだルートです。少し前のいじりでRDの調整をして変速がかなりすばやく行われるようになったのですがリアTOPギアでフロントギアからチェーンが外れやすいようです。帰宅後にRDのガイドプーリーのTOP時の位置を若干内よりに再調整をしましたが連続して変速したりすると落ちやすいようです。また、今回の走行時に落ちた時は変速時ではなくケイデンスをあげた時です。リアTOPでなければ落ちないようなので様子見ですがチェーンラインの関係でしょうか。ただし、現状でリア3-5速でチェーンラインが出ているのでTOP側でチェーンラインが出るように調整すると今度はロー側のラインが厳しくなりそうです。Bテンションボルトを初期状態よりも緩めているのでチェーンのテンションが足りていない可能性もあります。とりあえずBテンションボルトを締めてみます。
※追記:前回のいじりでチェーンつまりや音鳴りがなかなかしなかったので初期状態よりもBテンションボルトを大分緩めてプーリーとカセットの間隔を大分縮めたのです。プーリーとカセットの間隔が狭いほうが変速が素早くなるようなのですが、デメリットは縮めすぎた場合のチェーンつまりぐらいしかないと思い込んでいました。ですが他のデメリットとしてフロントギアからチェーンが外れやすくなってしまう事もあると検索して知りました^^;とりあえずBテンションボルトを締めて様子見です。
※追記2:TOPでチェーン落ちするのはチェーンラインというよりもチェーンのテンションが不足してたんでしょうね。
IMG_1228.jpg

K-30が発表されましたが。

 長らくお世話になったADSLから光回線への変更工事の手違いで12日から固定ネット回線がない状態でしたが、やっと光回線となりました。12日から今日までは短時間モバイル通信端末を使っていたので接続時間を制限していましたが今日からまたじゃんじゃんネット閲覧と。

 と、ペンタックスからK-30が発表されましたが内容的には物凄くそそられますが見た目はいまいちですね。まあ、悪いとまでは思いませんが。フィルム時代に使ったことのあるSFXnやZ-5Pもその部類に入るんでしょうけれども、ペンタックスはカメラの見てくれで冒険をすることが多いように感じます。それと同時にMZ-3・5やK-7・5のような端正な見た目のカメラも出してくるのでとらえどころがないと言うか一貫性がないと言うか。。。ちなみにSFXのデザインは好みで、(操作性がよくて愛用していましたが)Z-5Pのデザインは大嫌いでした。最近のでいうとK-01はいい意味でストライクでしたがK-30はうーんと思ってしまいました。まあ、デザインはともかくK-30の中身には惹かれます。といっても買わないと思いますけどもね。
 

no title(2012/5/24)

IMG_1221.jpg
S90

ひっそり(2003/9/16)

quietly.jpg
cosina MF24mmF2.8/TMY(EI1600)
※消滅した旧々写真サイトに掲載していた写真を再利用

本日の走行距離(2012/5/24)

 夕方、ビアンキミニベロで34分で10.8kmを走行。朝一番にビアンキミニベロのエンド金具を取り外して確認してみましたが特に問題はなさそうでした。この間、ビアンキミニベロで転倒したときに前転してしまったのですが傷が付いたのもブレーキレバーとハンドルの先端にバーテープ・RDの表面だけだったので運がよかったのかもしれません。車体やらハンドルのゆがみは多分ないでしょう。気になってくると微妙にゆがんでいるような気にもなってきますが一部のハンドルなどは細かく見ていくと初めから左右対称でなかったりしますし気にしないのが吉だと思います。新しく導入したシマノのシクロクロス向けカンチのCX50ですが今までつけていたデオーレVブレーキよりかは制動がマイルドなもののとっさのフルブレーキでは腰を後にしっかり引くようなことをしないと前転してしまうくらいに効くようです。前転してしまったこと自体は微妙でしたが効きがよいこと自体は賛成です。また、前述のようにVブレーキよりかはマイルドです。

ここ数日のSPEED P8いじり

・おとといにSPEED P8につけているエルゴングリップが片方がグリップシフト用のショートサイズで片方がロングサイズなのに腹を立てて長いほうを短いほうにあわせて切断してみましたが切断面がグダグダに。。。。使えますが見た目がよくないと。しかし、エルゴングリップは普通のグリップの3倍くらいの値段なのでとてももったいないと。
・昨日は綺麗に切断できなかったエルゴングリップはひとまず頭から追いやってリッチーのスポンジグリップを注文。ひとまず届くまでは1巻きあまってっるSILVAのバーテープ(コルクのチェレステカラー)をフラットバーの両端に巻き巻き。意外と見た目がよいので40-50km走行時の手の痛み具合しだいではそのままにしておこうかと思い始めました。リッチーのグリップは予備パーツで保管しておけば問題なし。
・本日はビアンキミニベロで変速の自力調整が過去最高の出来でしたのでSPEED P8も9速化時に店で調整してもらってはありますが自分で再調整。結果はこちらもなかなか好結果。ですが、自力調整の前も特に変速に問題はなかったのですけれどもね。再調整の目的のほとんどは自力調整スキルの向上でしょうか。

本日の走行距離(2012/5/23)

 ビアンキミニベロで24分で9.1kmを走行。走行後の車体チェックでリア変速が狂っていてローの25Tに入らない状態になってたのを確認。ちょっと前の転倒時に狂ったのかそれより前なのかは不明です。仕方がないので苦手な作業ですがRDの調整をしはじめました。が、よくよく確認するとフロントもアウタートップとインナーローでチェーンがガイドに接触してました。とりあえず前後の変速機の調整をして意外なことに自力調整では一番うまく変速するように調整できたんですが転倒でエンド金具とかフレームとかが歪んだんではないかと疑問に思ってしまいました。ただ、エンド金具もヒビなどは入ってないようなのでとりあえず様子見続行です。

本日の自転車いじり(2012/5/20)

 夕方にビアンキミニベロで少し走ろうと外に出たんですが、8kmくらい走った先のサイクリングロードでとあるアクシデントの結果転倒してしまいました。幸い自分の肘と膝を軽くすりむいたくらいで自分へも周囲へも大事にはなりませんでした。が、Tシャツが汚れて肘と膝をすりむいたまま走り続けるわけにも行きませんのでそこで帰路に着きました。帰路で車体の動作を軽く確認しましたが特に異常は感じませんでした。で、家に着いてから倉庫で細かく車体をチェックすると以下を発見しました。

・後輪のシャフト締め付け位置がずれてました。→今使っているディズナのチタンクイックの締め付けが弱いようです。ホイール自体のフレなどはない模様。元に戻して処置。

・リヤディレーラーに欠け・擦り傷がついていました。→動作には異常はないようです。そのまま放置でもいいんですが傷でささくれた所や欠けのエッジを小さめのヤスリでならしてから1500番と2000番のペーパーで軽く水とぎ。仕上げにピカールで磨いて処置完了。欠け自体や深目の傷は残りましたがそこそこ滑らかな表面に戻りました。が、磨いたところだけ表面の色が変わりましたけどもね。

・ハンドル周りをアスファルトにこすったようで右ブレーキレバー先端にささくれ・巻いたばかりのバーテープに汚れと破れ・エンドキャップに数mmのえぐれ・ハンドルの右エンドが1mmほど削れがありました。→ハンドル自体に歪みなどはなさそうですが変えたばかりのハンドルとバーテープを汚くしてしまってショーック;;
はい、機能には問題なさそうですしちょっと削れたり汚れただけなので気にしなければいいんでしょうが気にする人に気にするなといっても無理でしょう^^;
IMG_1215.jpg
 てなわけで、予備パーツとして持っていたフィジークのバーテープに交換してしまいました。SILVAのチェレステバーテープの出番はわずか2日だったとさ。まあ、B307だとバーテープ1セット2巻きのうちの1巻きで左右を巻けてしまうのでバーテープの出し惜しみはこの際なしです。それにSILVAのチェレステも当然まだ1巻き残っているのですよ。ついでに無加工では取り付けできなかったボントレガーのバズキルをニッパーとカッターナイフで加工して取り付けました。バズキルを加工して無事取り付けできたんですが少し差込がゆるい気がするので走行中外れてしまう予感がして仕方がありません。先手を打ってボンドを間に流し込むことも脳裏によぎりましたがとりあえず様子見です。決してめんどくさくなったからではないですよ、多分。
 ブレーキレバー先端のささくれはやすりでならしてからピカールで磨いて無事処置できて、ハンドルの右先端の削れは多少の削れですしバーテープで隠れるのでそのままにしときました。

 と、今回はこのくらいで作業終了です。

no title(2012/5/20)

IMG_1207.jpg
S90

本日の走行距離(2012/5/20)

 SPEED P8で1時間50分で30.2kmを走行。いつもの斜度5%距離1.3kmの坂で新パーツを試してみました。やはり、前ギアは53Tより小さいのに変えたほうがよさげです。チェーンラインは明らかにアウターローではチェーンラインが斜めになるビアンキミニベロとも比べてみましたがSPEED P8だと前アウターでほぼ後カセットの中間ギアを通っているようです。アウターローだと若干斜めになりますがまあ大丈夫かと思います。登板時のギア不足はまだ要改善ですがやはり平地で適正ギアが選べるときには170mmクランクよりも165mmクランクの方が楽にペダリングできる気がします。
IMG_1209.jpg
次のページ

FC2Ad