Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真関係のお買い物

 中野のフジヤ カメラでなくエービックでマンフロットのビデオ/スチル用のLEDライト ML360-1をお買い上げ。フジヤカメラでなくフジヤエービックで買ったあたりにもスチルカメラ用というよりもビデオカメラ向けの商品なのでしょうがカメラ用のLED照明をいまだ使ったことがないので物は試しと購入しました。
 が、9月はどうも忙しいというか写真を撮る気が起きないというかでまだ実際の撮影には使ってはいません。なので電池を入れての動作確認だけでの記事となってしまいますが気になったところを書いて見ます。まず、APC-Cデジタル一眼のペンタックスK10DとDA35mmマクロと一緒に使った感じではAPS-Cでの35mmレンズの画角よりも照射角が狭いように見えます。カメラのホットシューでなくカメラとは別の位置のスタンドに設置したり複数用意したり光拡散の工夫が出来れば問題ないんでしょうがカメラポン付けでは標準レンズより画角が狭くないとスポットライトになってしまいます。まあ、自分もホットシューの位置から照射することは考えていなかったので良しとしましょう。というか、本格的に使うなら同じ物か類似のLED照明をあと1個、出来ればあと2-3個は欲しいところです。
 次に、youtubeでマンフロットの代理店がマンフロットLED照明の紹介動画を公開していて買う前に公開動画をチェックした時にも感じましたが、このタイプの照明はデジカメのライブビューを使えば仕上がり像の予想がフラッシュよりも容易です。また、これは写真用LED照明でなく一般用の携帯LEDライトを使って私自身以前からやっていたことなのですが夜間撮影時にLEDがあるとピント合わせが楽になります。ライブビューでもOVFでも本当に暗い場所で遠距離以外での距離のピント合わせはとても難しいです。遠距離の街明かりやら星の光はともかく深夜まともな街灯がない場所で1m以内の被写体へのピント合わせなどはライトがないと相当難しいです。銀塩の時代は絞り込んで目測で撮影してもなんとなくいいかなと考えていましたが今はセンサーサイズが小さいコンパクトデジカメでないと夜間に目測ピント合わせで撮影することにかなりの不安を覚えます。その点、照射角の狭さがあるのでホットシューつけっぱなしでは使いにくさはあるもののデジ1眼にカメラ用LED照明を付ければ夜間でのピント合わせも大分楽になるように思えます。写真用でない普通のLEDライトやらライトでもピント合わせの補助にはなりますがそれらは写真用LEDライトよりもさらに照射角が狭かったり片手がふさがるという欠点があるのです。

 と、思ったことを書いてみましたが続きは実際に使ってからに書くことにします。以上
スポンサーサイト

今月もいろいろと

 今月のブログ更新かなりサボってますがカメラ・自転車以外の買い物報告をまずして見ます。

K53TAのシステムディスクのSSD化
 手持ちの3台のPCの中で一番古株の自作デスクPCのシステムディスクを先日インテルの60GBのSSDに変えたと書きましたが続いて手持ち3台のうちで一番新しいASUSのノートPC K53TAのシステムディスクもSSDに変えました。自作機と同じインテルの330シリーズの120GBです。自作機での入れ替え時のクローニング作業がうまくいきましたが今回のK53TAではうまくいかなかったので結局リカバリディスクでWin7の再インストールとなりました。まあ、SSDの代わりに取り外したK53TA標準搭載の2.5インチ500GB用に外付けケースも用意していたのでインストールしたアプリ以外のデータは問題なく戻せたのですが細切れで作業したので結局1日程度の作業時間がかかってしまいました。
 で、肝心のK53TAにSSDを載せた感想ですが、PC起動がとんでもなく早くなりました。ユーザーアカウント選択画面まで20秒程度でしょうかアカウント選択画面でパス入力後から実際にPCで作業できるようになるまでの時間も10-20秒程度かと思います。期待していたライトルーム4の快適動作に関しては写真データ自体はSSDにおかずにUSB3.0接続の外付けHDDに置いているからか劇的な速度向上とはなりませんでした。が、動作は確実に速くなったようです。

音楽CD2枚
 またまた9月に中野に行く機会があったので中古CDソフトをお買い上げ。1枚目は英国のフォークグループのメロウキャンドルが唯一残したアルバムの抱擁の歌(Swadding songs/Mellow candle/1972年)です。
 巷のプログレファンからフォーク・トラッド色の強いプログレが好きならお勧め出来ると言われているアルバムですが、確かにとてもメロディアスで長時間の曲こそないけれどもプログレ的な曲展開とルネッサンスやカーブドエアなどが好きな人には確かに受けそうです。しかし、プログレッシブロックというよりもプログレ風味なフォークポップであってロックとも言いがたく、かと言えプログレ風味ゆえにフォークにも思えないなんともあいまいな印象も受けてしまいます。が、プログレに限らず音楽のジャンルわけ自体がそこまで意味のある行為とも思えないのですが・・・話が脱線してしまうのでこの話はここで終了。
 ボーカルが女性2人でメンバー構成についての事前の知識がなかったのでちょっと面食らいましたがコーラスであったり掛け合いであったりとテクニカルです。ちょっとばかしジェントルジャイアントが脳裏に浮かびましたがあくまで女性なのでジェントルジャイアントみたいなむさ苦しさも変態っぽさもありません。評価としてはメロディアスなプログレ風味のフォークで個人的には好きですし女性2人のボーカルパートも聴き応えがありますがやはりプログレ方面からもフォーク方面から見ても正統派でなくて異端なように思えてしまいます。
 2枚目は英国のハードロックバンド アルマゲドンが唯一残したアルバム アルマゲドン(Armageddon/Armageddon/1975年)です。ヤードバーズや初期のルネッサンスでボーカルを担当したキース・レルフがボーカルを担当しています。ヤードバーズはむかーし図書館かレンタルショップでベスト盤?を借りて聴いたことがありますが特に印象がなく、ルネッサンスはレルフ等の初期メンバー全員が去りアニー・ハズラム加入の3枚目からしか聴いていないのでキース・レルフのボーカルをちゃんと聴くのは初めてなのでした。
 うん、感想はボーカルパート以外はすごいなと。曲自体も割といいですね。1曲目のギターなどはかなりツボです。ボーカルもハードロックとしては力強さがないと感じられたのですがキース・レルフのウリのひとつであるらしいハーモニカは素直にかっこいいと思えるのでした。

以上

怠け癖がry

 最近安定してブログ更新怠けています。写真撮影のほうは撮りたい物がなかなか見つからない状況です。出かけたらいいんでしょうが他の無駄遣いでガソリン代がry。自転車漕ぎはまあ、しっかり続いております。てなわけで写真・自転車以外のお買い物報告など。

Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10
 8/14に中野でCDを買いましたがそもそも中野に行った一番の目的は新しいヘッドホンorイヤホンが欲しかったのです。現状、DT990pro・DJ1pro・EX-90他多数のヘッドホンイヤホンを所持していますが夏場はヘッドホンだと蒸れてイヤだとか単純に物欲だとかで新しいのが欲しかったのです。候補としては人の声に焦点を当てた機種を持ってなかったのでオーテクのSX1aかモニターつながりでSony 900ST、蒸れ対策でクリプシュのX10かエティモティックのER-4といったところでした。が、帰宅時にはUltimate EarsのTRIPLE.Fi 10(旧商品名:TRIPLE.Fi 10Pro)を手提げ袋の中に持っていました。昔の売価が4万円台半ばで現在が1万8千円程度と物凄い値引き振りなのですが実際に使ってみた感想としては3万円くらいまでなら払っても後悔はしなさそうな音です。大型のオーバーヘッド型でなくてインナーイヤー型のヘッドホン(つまりイヤホン)であることも考えればまだもう少し払ってもいいような気もしますがさすがに発売当初の4万円台の売価は出せないかなと感じました。まあ、値段引き下げのおかげか品薄状態のようですが現在の値段だととても費用対効果の高いイヤホンだと思います。
 音の傾向ですがカナル型イヤホンは耳への装着状態で音がかなり変わりますのであまり信用しないで欲しいと前置きした上で書いてみます。高音から低音までの出る量はほぼ均一でフラットですが多少低音の量が多く感じます。また、低域は締りがあってかつ下まで伸びていきます。良くあるカナル型イヤホンだと低音は耳内の共鳴で再生している印象が強くてぼわついたしまりのない低音を見かけますがTRIPLE.Fi 10にはそういった印象がありません。高音はハイハットなどの金属音の響きがほとんど感じられない他、基本的に刺激のない高音表現です。かなりの細かい音まで拾ってくれるので値段に恥じない高性能で分解能の高い印象がありますが、若干低音の量が多くて高音に響きや刺激がないので体脂肪がないムキムキマッチョなサウンドにも感じます。つまり、分解能・音の分離がよいけれども若干曇っているようにも聞こえます。開放型の大型ヘッドホンなどには及ばないもののイヤホンにしては広めな空間表現も美点だと思います。向きそうな音楽ジャンルとしては若干低音が強く感じるけれどもフラットですし基本性能も高いのでなんでも気持ちよく聴けそうですが、響きの少ないサウンドなのでアコースティックな楽器だとあっさりとした感じになってしまうかもしれません。

インテルのSSD 330シリーズの容量60GB
 8/18に秋葉原に久々に行くことになり、自作デスクPC(WinXPにソケット939のアスロンX2の旧型マシン)のシステムインストール先HDDのSMART値が落ちてきていたのでSSDを導入しました。本当はライトルーム4をインストールしているノートPC(Win7)を先にSSD化したかったのですが2台同時にSSD化できる余裕はないと財布から言われていたこととシステムHDDがやばくなりかけてきた方を優先したほうがいいだろうということで自作デスクPCが一足先にSSD化となったのでした。ネットでSSDの情報を探すと60~128GBの容量で予算8千円だとOCZ・crucial・A-DATA・インテルなどのメーカーの物が該当し、評判はインテルが良さそうで次点だとA-DATAかなとあたりをつけていきましたが評判とブランドネームを信じてインテルを選びました。
 導入作業は特に難しいこともなく無事動いたのですが自分の環境に適合するAHCIドライバが見つけられなかったのでIDEで動かしているようです。動作もSSD自体は6Gb/sの接続速度対応のようですが旧式マザーなのでマザー側が3Gb/sまでの対応のようで本来の速度は出せていないはずです。交換後のOS起動の早さも確かに速くはなったのですがもう慣れてしまいました。ここはまだSSD化していないノートPCでのライトルーム4が重いのでここをSSD化してSSDの本気をみてみたいところです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。