Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

インコのその後

IMGP0146_20130528215833.jpg
5/23に迎えてきたセキセイインコですが今のところ順調のようです。若干早かったかもしれませんが羽ばたきながらジャンプして100~150mm程度の高さなら移動できるようになりダンボールから鳥かごに移し入れてあげました。挿し餌をする時には進んで人の手に乗って餌を食べますが餌を食べ終わると鳥かごに戻りたがります。また、鳥かごの中なら餌の時以外でも手に乗って触ったりできますがやはり鳥かごの中がいいようです。ふやかしていないアワ玉やアワ穂も少しずつ食べられるようになってきているので差し餌もしばらくしたら卒業かもしれません。
スポンサーサイト

no title(2013/5/28)

R0000022.jpg
GR

no title(2013/5/28)

R0000023.jpg
R0000024.jpg
R0000019.jpg
R0000033.jpg
GR

GRげっつ

予約していたペンタックスリコーのGRですが本日25日に引き取ってきました。24日が発売日でしたが仕事で予約していたいつものカメラ屋さんのとこには営業時間中にはいけそうもなかったのです。まあ、そもそもそのお店には25日に入荷ということも24日の仕事休憩中に確認していたのですが。
で、充電しつつ操作法などを習熟していますが期待していたほどには操作性はよくないかなという感じです。リコーのカメラは過去にもフィルムではGR1s。デジカメではカプリオGXを使ったことがありますがどちらも同じカテゴリーのカメラの中ではハンドリングのよいカメラという印象だったのですが今回のGRではどうなんでしょう。AFの速度やら書き込み速度やらでとても扱い悪かったものの操作性はよかったDP1・DP2Xに背面ホイールにクリックがないこと以外何も不満の出なかった操作性のパワーショットS90などをここのところ扱ったせいでしょうかそれほどにはGRの操作性には感じるところがないのかもしれません。自分で割り振り機能を決められるボタンの多さには少しびっくりしましたが、S90などから採用例が多くなってきたまわせる鏡筒根元リングはないですし、アップダウンダイヤルの位置や形状はカプリオGXも同様ではありましたがまわしにくいと思います。押せる背面アジャストボタンにAF/AEロック・C-AF選択レバー・スイッチはよい操作性だとは思いましたが。まあ、客観的に見て操作性は良いデジカメだとは思うのですが期待値が大きすぎたんでしょうかね。
実際の撮影はまだですので画像はありません。今日も仕事で帰宅後に引き取ってきたので充電も済んでないのです。

インコを飼ってみることにしました。

IMGP0084.jpg
今年、春になる前に18年間飼ったうちのポメラニアンがなくなりました。昨年末より体調が悪化していましたが誕生日の1/15は迎えることができたようでしたが桜の季節は迎えられなかったようです。一番、すごした時間の長かった母親はショックだったようですが18年間と天寿を全うでき、家族全員から大事にも扱われていたので幸せな一生だったはずだと考えます。
で、なくなったポメのかわりというわけではありませんが本日セキセイインコの4月中旬生まれの雛を入手してきました。ポメは親がお迎えから餌・用具・病院まで面倒を見ていましたが今回のセキセイインコのお迎えは私の独断なので仕事中の世話は母親などに任せますが餌やら用具・病院は私が担当します。また犬をという気もあったのですが自分の稼ぎだと小鳥が妥当だという自虐もありましたが、犬・小鳥の他にもフェレット・うさぎにも興味がありネットでそれらに関して飼育方法やYouTubeなどで動画を見ていたらインコに落ち着いたわけです。犬は室内小型犬なら用具は不要ですがお迎え代・餌代・医療費がかかる。フェレットは遊び好きで面白そうだけども体調壊した時の対応や医療費に不安。うさぎは体調管理に不安。インコは意外にも遊べそうで金銭面の負担が軽そうだが体調不良時の対応に不安。
てな感じで小鳥(ほぼインコ)に気持ちが傾いていてペットショップを何軒か眺めてみたりネットで情報を検索していましたがインコの中だとオカメかセキセイの2種にしぼり若干体の大きいオカメに当初惹かれましたが体から脂粉が相当量舞うことと驚くとパニックになり怪我をする可能性があるというのにびびってのセキセイです。うーん、選択が消去法過ぎますねえ^^;
とは言え本日迎えた青いセキセイですがペットショップで10羽程度の中から人の手に寄ってきた数羽の中から選んだだけあってとてもフレンドリーな感じです。鳥の飼育は初めてでスプーンでの挿し餌というのもはじめてやって見ましたが特に問題なく食いついてくれました。寿命が長生きすれば10数年ということなのでポメのように長生きしてくれることを願っています。

本日の走行距離(2013/5/22)

ビアンキミニベロで50分で17.4kmを走行。

今月買った工具その2(2013/5)

クニペックス/強力コンビネーションプライヤ02 01 225@アストロ
先月取り寄せをお願いしていたクニペックスのペンチがたまたまアストロに行ったら届いていました。
今まで自宅で使っていた02 01 200よりもワンサイズ大きくて頼りがいがありそうです。自転車のアウター(切りにくいシフター用)を試しに切ってみたところ難なく切れました。まあ02 01 200でも切れてたんで当然なんですが02 01 225なら多少握力がなくても切ることが可能かと思います。職場で仕事中持ち歩いているケイバのP-108(02 01 200とほぼ同サイズ)だと思い切りよく全力で握らないとアウターは切れないのでやはり02 01 200や02 01 225の切れ味は感動ものです。
が過去の記事
http://ochablog.blog63.fc2.com/blog-entry-940.html
でも書いたように偏芯した支点のおかげで力がかかるようになっているのです。こういった構造の製品は、フジヤ・ケイバ・3.peaksといった日本のプライヤメーカーも販売しているので例えばケイバの偏芯構造のプライヤとクニペックスの強力コンビネーションを比べてみないとクニペックスがずば抜けて良いともいえないとは思います。しかし、ケイバやフジヤの偏芯構造のペンチはホムセンだとほぼ見かけることがなくて取り寄せになってしまうんですよね。ペンチスキーとしてはその内日本メーカーの偏芯構造の製品も入手してクニペックスと比較してみたいところでもあります。あと、最近気になるのがクラインのペンチです。下のほうでグレードですら6千円を越えています。電材屋で見かけたこともありますがカッコイイデスネ。ホシイデスネ。

本日の走行距離(2013/5/18)

日中SPEED P8で55分で16kmを走行。夜にビアンキミニベロで30分で9kmを走行。

今月買った工具その1(2013/5)

オルファ/Pカッタ-L型@ホムセン
元々は自宅用に持っていたPカッタ-S型(つまりL型よりも小さい)を職場に持ち込んでたまにアクリルや塩ビの板の加工で使っていましたがS型は模型作りなんかには向いていそうですが厚板の加工や単純な形のものをさくさく作るような用途だと力を入れても刃先がぶれにくいL型のほうが良いだろうと言う事でL型を買い足しました。
目論見どおり数mm厚のアクリル板のカットやら塩ビ板を数10cmの長さで直線切りするような作業ではS型よりL型の方が快適でした。
てなわけでS型は自宅に持ち帰ってL型は職場用に置きっぱなしとなりました。

新潟精機/水平器ALM-150@ホムセン
100均で買ったレベルは持っていましたがさすがにみすぼらしいのでホムセンで適当なのをチョイス。ですが、適当にチョイスしすぎて垂直が測れないタイプを買ってしまいました。いえ、垂直が測れないわけじゃないんですが。。。

ツボサン/ブライト900エクストリーム荒目・細目@アストロ
数ヶ月前から欲しかった金やすりです。ヤスリがけ作業中に切り粉でめづまりしにくく、高耐久・高硬度という逸品だそうです。自宅だと使う機会がほとんどありませんが仕事だとそれなりに使うのです。が、もったいないので仕事では職場の備品を使うのです。

本日の走行距離(2013/5/13)

ビアンキミニベロで1時間で16.7kmを走行。
新パーツとしてキャットアイのライトHL-EL540を投入。今までビアンキミニベロのヘッドライトにはサーファスのSL-70という3千円ちょいのを使っていましたがライトブラケットに亀裂が入ってきていたのが気になっての交換です。SPEED P8にもSL-70を使っているのでビアンキミニベロからはずしたのは予備として保管しようかと思います。それか、私のSPEED P8はSL-70(常時点灯)とキャットアイHL-EL130(点滅点灯orSL-70が切れた時のバックアップ)の2灯体制なので暗いEL130を外してSL-70を2灯もいいかもしれません。

ちょっと前の走行距離(2013/5/10)

SPEED P8で1時間43分で27kmを走行。車載して傾斜のあるところを走っていました。EKの後部座席を倒さないで車載できるのでやはり車載自転車はビアンキミニベロでなくSPEED P8を選んでしまいます。

本日の走行距離(2013/5/4)

SPEED P8で46分で13.3kmを走行。腰の具合があまりよくなかったので早々に切り上げ。

FC2Ad