Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラットベッドスキャナ

写真には古くからフォトグラムといった普通では写真と呼べないような技法があったりします。
すでに一般的にはデジカメに侵食されて敗北したとも言っていいフィルムカメラ。
フィルムカメラの愛好家がデジカメでとった画像なんて写真とはいえないという意見を聞くことがあります。
カメラすら使わないフォトグラムが写真表現であるのにデジカメ画像が写真とはいえないという如何に?(まぁそのフォトグラム自体が普通のカメラマンやカメラ愛好家からどう思われてるかは置いておく)

中ry

昔働いてた職場なんかだと簡易な商品写真で厚みがあまりない場合フラットベッドスキャナでさくっとスキャンしてたりしてました。
被写界深度が非常に浅いCISイメージセンサー使ったフラットベッドだとまぁ無理な話ですが、CCDイメージセンサーだとかなり被写界深度が深いので一応立体物もスキャンできちゃうわけです。
と・・・フォトグラムとフラットベッドスキャナってなんか似てますよね。
フラットベッドスキャナを使った写真表現ってのは多分既に実践されてることだと思いますが、なにか新しいやり方ってのはまだ残っているのかもしれません。

眠りに就くためのいいネタになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/100-d660f7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。