Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

今月買った工具(2013/12その2)

KTC ネプロス/コンビネーションレンチ17mm@某自転車店
これでネプロスの両メガネが5.5mmx7mm・8mmx10mm・12mmx14mm・13mmx15mm
両オープンが8mmx10mm・12mmx14mm
そして今回のコンビネーションの17mmとネプロスのレンチで5.5mmから17mmの間で使う事がありそうなサイズをそろえることができました。
IMGP1445.jpg
比較のために職場持込み用のシグネットの17mmと並べてみました。
IMGP1446.jpg
オープン部中の研磨がしっかりされています。
IMGP1447.jpg
ボックス部の加工もとてもきれい。

KTC/両めがね17mmx19mm@某自転車店
職場持込み用にしようかと注文しましたが職場用のシグネットのコンビを8mmから19mmまでそろえて同シグネットのソケットも24mmまでそろえたので自宅用にします。

KTC/両めがね22mmx24mm@某自転車店
こちらも上の17mmx19mmと同じく職場持込み用にしようかと注文しましたが自宅用にします。22mmx24mmのネプロスとか高価すぎて手が出ないですしこのサイズのを職場ならともかく自宅で使う事があるのかも分からないので自宅用のネプロスのレンチは17mmまでとします。

シグネット/コンビネーションレンチ19mm@アストロ
職場持込み用。これで職場持込み用のシグネットのコンビネーションが8mm・10mm・12mm・13mm・14mm・17mm・19mmとそろいました。これにKTCの両めがね6mmx7mmにシグネットの6角ソケット8mm・10mm・11mm・12mm・13mm・14mm・17mm・19mm・22mm・24mmを持ち込んでいるのである程度そろったと思います。対角30mm頭のボルトとかも職場であるにはあるんですが私物の工具でそこまで対応しなくてもいいと思われるので職場用の私物レンチやソケットはここらで打ち止めにしようかと。

クニペックス/硬線ニッパ7401-160@アストロ
IMGP1450.jpg
ニッパーはたまに作るガンプラ用のプラニッパや細めの配線用の斜めニッパは持っていましたがガツンガツンと金属線を切るようなニッパは持っていないので買ってみました。まあ、クニペックスの電工ペンチの02-01-225(自宅用)や02-01-200(職場用)を持っていてこれらのカッター部は2.2φのピアノ線までOKとなっている逸品なので硬線ニッパがなくても大丈夫ではあったのですが電工ペンチでは先端の掴み部が邪魔になることもあるかもしれないというこじつけ理由でごついニッパも買うことにしました。
一応、2.0φのピアノ線に対応しているようです。2.0φだと手持ちのクニペックス電工ペンチよりも細い線しか切れないことになりますがハンドル長が短くレバー比が電工ペンチと異なるので仕方がないのでしょう。まあ、ピアノ線2.0φOKってのはフジ矢とかの電工ペンチだと呼び200のじゃないとメーカー的にはOKにはしないでしょうからすごいのでしょう。
IMGP1451.jpg
ちなみにケイバの斜めニッパとタミヤのプラニッパも並べてみました。しかし、普段使うニッパは写真に載せていない刃先がずたぼろになった子供の頃に買ったプラニッパだとかクニペックスの電工ペンチで切ってしまうので写真の3点は結局使う機会がほぼないという。。。

ベッセル/ボールグリップ マイナスの5.5サイズ@ホムセン
IMGP1449.jpg
パナのフルカラーシリーズの取り付け枠をいじるときは5.5サイズが一番使いやすいのです。一応、アネックスのフォーラインシリーズのマイナス5.5は持っていたのですが先端メッキ仕様で滑りやすいのが気に入らないのです。で、職場持込み用で愛用しているボールグリップのプラス2とおそろいになるようにボールグリップのマイナス5.5を買ったのです。2本買って職場と自宅に完備です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/1043-65f08df9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad