Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

HDRI撮影のとりあえずまとめ

http://ja.wikipedia.org/wiki/HDRI
にあるように通常ではありえないダイナミックレンジを持つ画像をHDRIと呼ぶ模様。

ちなみに銀塩時代にもこの手法がとられなくはなかったようだが?撮影時のコマの位置決めやスキャニング時の位置決めを考えるとデジカメで撮影したほうが大分手軽だと思われる。一応デジカメ普及後に広まった技法のようだ。
私がこの技法を聞いたのは撮影が特に趣味ではない友人からで、面白いweb記事があるよと数年前に教えられたものだ。
その時は所有一眼がフィルムであったり、コンパクトデジカメでブラケット撮影とかは面倒だったので試さなかった。実際に今回試してみたのはDSLRを遅ればせながら導入したからだ。

写真におけるHDRIは同一構図で露出の違う複数の画像を重ね合わせることで明部から暗部の再現範囲が非常に広がった画像を作成する手法をさしている。
用意する枚数によっては人間の知覚を超える輝度差の表現が可能なようだ。
しかし、単に複数の画像を重ねて合成するだけだとローコントラストで眠い画像になる。
Photomatix basicのようなHDRI作成ソフトの場合、合成に使う個々の画像が合成前段階で大幅に弄られている様な感じがあり、生成画像はコントラストがある程度強いのにもかかわらず低輝度部から高輝度部まで情報が残った画像になる。
とは言え自然な諧調とは言いがたい印象は確実にあり、不自然なイメージになることを覚悟して逆に売りにしなければいけない技法に思う。

なおPhotomatix basicはフリーソフトで機能拡張版が有料である。
また、Photomatix basicなしでも作成可能だが特にその手法は試してないので省略
関連記事
スポンサーサイト

コメント

読んでいてカリ厨さんの昔のネタ
http://www2.alice-novell.cc/sample/gin-man/raw3/index6.html
を思い出しました。

  • 2008/03/10(月) 21:27:26 |
  • URL |
  • Gyp中立 #m5TdrrV.
  • [ 編集]

セーラー服。。。
らしいですねw

  • 2008/03/11(火) 07:46:05 |
  • URL |
  • お茶 #TfvphH46
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/183-cec324fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad