Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Optio W30

いつものカメラ屋さんにてW30のシルバーお買い上げ。

画質はよかないけどワーキングディスタンス1cmのマクロ機能おもすれー^^

以下の画像はAWBでiso400 マクロモード 2秒セルフで手持ち
IMGP0019.jpg

まず、意外とAFが速いのにはびっくり。
ちなみにメーカーの仕様表では通常のAFの有効範囲は無限遠から40cm
マクロモードでのAFは60cmから1cmとなっています。
が何度やっても通常のAFでマクロモードの有効範囲までカバーしちゃっている模様・・・
しかも予想外のAFの速さのおかげでマクロ時もすいすいAFが合います。
さらにフォーカスリミット機能で通常AF時とマクロモード時の無駄なピント位置への移動が抑えられてAF速度が上がりますが、
わずかにしか速くならないので通常AFモードで1cmマクロが出来てしまう便利さを考えるとフォーカスリミット機能は非推奨かと思います。
IMGP0017.jpg

個人的にはワイド端しか使わないのでワイド端時の歪曲収差についてですがはっきりと樽型収差があります。
気にするかしないかは人それぞれかと思いますが、個人的には1台で済ますなら我慢できないレベルです。
しかし、サブ機ならまぁいっか程度。
一応テレ端までズーミングしてみると樽→糸巻き収差に変化していきます。
50mm(135換算)ぐらいの焦点域が比較的歪曲が少ないかと思います。
ちなみに屈曲光学系レンズってズーミング超速ですね。。。
速すぎて希望のところに止められません><
ま、遅くてイライラするのとどちらがいいかと聞かれれば速いほうを選ぶわけですが。
リコーみたいなステップズーム付けたらかなりのポイントアップかと思いましたがW30の後継機はない模様。
高感度設定時の画質の劣化具合ですが結構高感度の処理が甘く、作例のiso400設定でもノイジーです。
iso200でもギリギリアウトって言ってしまいたい感じです。
搭載レンズの開放F値が3.3(ワイド端)とコンパクトデジカメとしては微妙な数字なのもあいまって暗所は苦手かと思われます。

同時期に発売されたOptio A30を以前持っていたので操作に共通項が多く、戸惑いはほとんどなかったです。
概ね操作性が良くて、設定を弄ればカメラ慣れしている人向けにも出来るので懐が広いと感じました。

ボディーデザインや作りですがネットやカタログで見るよりも現物にはしっかり感があります。
デザインはカメラ付き携帯のレンズを巨大化させたような感じが異様に感じますが
カメラっぽくないデザインのカメラが好きな人には好評かと思われます。
個人的にはこのデザインではデザイン買いは出来ないレベルです。
防水構造のためかシャッターボタンがかたい上にクリック感に欠けますので押し心地はXです。
が、硬いボタンでクリック感があると手ぶれ起こしそうですね。
背面のボタンはクリック感が強くて気持ちの良い押し心地です。
レンズが前面中央に配されていて、三脚穴が底面の中心部についているのはコンデジでは珍しいことだと思います。
一応、三脚使用時にもっとも安定の取れる配置です。
W30を三脚が必要な撮影に使いたいかと言われるとノーですが悪いことじゃあないです。

IMGP3532.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/190-526863cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。