Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

デジカメのメーカーで

今までの使用暦をちょっと整理


その1 パナソニックFX1
フィルムカメラも含めての私的に初めてさわった手ぶれ補正つきカメラ
ゴミのような色合いに高感度ノイズ。さらに本体の作りがチャチで1ヶ月もしないうちに処分。
ただし、手ぶれ補正っていいねってのは印象に残りました。

その1.5 キヤノンEOS1D
これだけは購入したカメラじゃなくあくまでも使用したカメラ。
ちょっとの期間しか居なかった会社で使用。
でかくて重くて露出モードとストロボの有無で露出補正量を加減しなくちゃいけなかった記憶のあるじゃじゃ馬

その3 カシオEX-S20
固定焦点で単焦点レンズ搭載。超薄型。
半年くらい使って知人に売却しましたが、単焦点エクシリムはまた欲しいです。
機能の割り切り方とカスタマイズ範囲の広い操作性・すばやい動作が印象的でした。

その4 リコーGX
EX-S20と正反対に多機能なコンパクトデジカメでした。
しかし、EX-S20もそうでしたが操作性が秀逸で好きなカメラでした。
ホットシュー搭載で便利でしたが外部フラッシュを接続しても
内蔵フラッシュもOnにしないと発光しないと言うお馬鹿な欠点もあるにはありました。
ちなみに初期不良で一度交換していて最終的にはレンズ内に大きなゴミが入ってドナドナ。

その5 ペンタックスA30
リコーほどではありませんが操作性に優れていました。
電池の持ちが微妙なのと135版換算37mmスタートのレンズが果てしなく微妙でした。
が、いいカメラでした。

その6 フジ S6000fd
基本的に画質良。夜に15秒程度のシャッタースピードで撮影しても結構綺麗。
レンズもゆがみはそれほど無いのですがさらに撮影後の画像処理でゆがみ補正がかかります。
致命的な弱点はピント合わせが暗所で役立たずなAFか
オーバーインフなピントリングとピン山の掴めない液晶モニタでするMFになってしまうことです。
高倍率ズームなんでパンフォーカスモードは苦しいかと思いますが無限遠モードくらい乗せて欲しかったです。

その7 ペンタックスW30
画質よりも防水・防塵性能・マクロ性能・レンズが飛び出ないことを重視して購入しました。
結果、画質は予想通り微妙でしたが使い勝手は良好。

その8 ペンタックスistDS2
初めて買ったDSLRです。もちろん中古ですが。
でかいイメージセンサーはやはり偉大です。
特に夜に写真を撮るのならば。

で、月曜にその9としてシグマDP1が手元に来ます。
やっと、やっと6メーカー(キヤノンの1Dは自分のじゃなかったから除外)制覇です。
あとはキヤノン・ニコン・ソニー・オリンパスに。。。
エプソンとライカとマミヤは敷居が高杉orz
あとサンヨーか。サンヨー製って事だけなら既に手にしていそうですがw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/238-a623462e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad