Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンパス PEN S2.8その3

IMGP1051.jpg
PEN S2.8ですが既にカラーネガを1本撮り終えましたが現像がまだです。
なので画質云々の評価はまだできませんがそれ以外の感想を書いてみます。

まず、手に持つと重い。。。
大きさとしてはデジカメだとDP1、フィルムコンパクトだとμと同じくらいになりますが
重さがずば抜けています。
調べると380gとの事で昔持っていたコンタックスT2の295gよりもだいぶ重いです。
さらにこれまた昔持っていたオリンパス35DCは480g、
流石に35DCまでの大きさの金属外装カメラになるとPENの方がだいぶ軽くなりますね。
ちょっと、脱線・・・手放した35DCも入れるとオリンパスのカメラは計4台を所有したことになります。
それもフィルムコンパクトばかり。
OM・フォーサーズ・その他のオリンパスのコンパクトデジカメには縁がないんですが
マイクロフォーサーズには期待してますよ。

目測フォーカス・露出計なし・セルフタイマーなし・シャッタースピード調整範囲も狭め
と簡素なカメラそのものなんですが作りに高級感があります。
外装デザインの勝利のような気がしますが、
私が持ってた金属外装のカメラの中では見た目ランキングではかなりの上位に来るはずです。

稼動部の感触ですが絞りと距離リングは問題ない感じです。
しかし、シャッタースピード操作リングはずるずるとした感触で気持ち悪いですね。
経年劣化かそもそもの仕様なのか分かりませんがOHとかで直せるのなら直したい部分です。
巻き上げ機構は所有しているXA2と同様にダイアルですがXA2の方がスムーズです。
シャッターボタンは面白い形状でケーブルレリーズも使えてよろしいんですが
抵抗感のない押し心地が個人的にはもうちょいと硬くていいんじゃないかと思います。
ただし、このくらいの方が手ブレの原因にならないのかもしれません。

ファインダーは普通に横に構えると縦位置構図になります。
当然といえば当然ですが通常の135判ばかりを使っていたので新鮮です。
個人的には縦位置構図を多用してますのでこいつは便利です。
ファインダーの見え具合は微妙。
35DCも確か青味がかってたはずですが、PEN S2.8のファインダーは青味がかっていて見づらいです。
古さゆえの経年劣化も多分にあるはずですが基本的に倍率も低くて見づらいファインダーです。

実際に撮影してみた感想ですが、なかなか軽快です。
目測カメラは今までにも使ったことはありますが露出計なしのカメラはこいつが初めてです。
が、ペンタMXを使ってた時なんかも常に露出計を見ていたわけじゃなく
要所要所で確認する程度だったので多分問題ないでしょう。

セルフタイマーがついていないので三脚使用&スローシャッターorバルブ撮影では
ケーブルレリーズが必須になります。

レンズの開放f値が2.8でスローシャッターが1/8秒まで、さらにバルブありと
個人的に重視している夜間での撮影適正はギリ合格点といったところでしょうか。

現段階での評価ですが、テスト撮影をしたフィルムを現像しないと不完全な評価しか出ません。
ただし、弄ったり眺めたりするだけでも良いカメラだとは思いますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/335-92784b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。