Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

F100その3

昨夜の撮影で三脚ごと転倒して修理となってしまったF100ですが
星景写真撮ってて思ったことを数点。

電気カメラで冬季屋外のバルブ撮影はやっぱり不利ですね。
30分ほどのシャッターを開けてたらエラーで1コマ無駄に。。。
その時の電池は換えたばかりではないが液晶表示の電池残量は減っていない状態でした。
まともに数十分のバルブ撮影をこなすには最低でもバルブが機械式のカメラは必須ですね。

F100とAi-s24mmF2.8ではピントの山がつかみにくく暗がりでのピントの判断は困難。
星や遠くの山だけなら多少絞って無限遠で撮ればいい話ですが、星以外に近距離に前景や中景の被写体を配する場合には面倒。

F100の新品時の定価を考えるとミラーアップくらい合っても罰は当たらないんじゃないかと・・・
まぁ、レリーズ時のショックは割と軽いカメラだとは思いますが。。。

液晶表示のイルミネーターは便利。ファインダー内表示も見やすく情報量も多い。


イルミネーターとファインダー内表示以外は夜間撮影にはそれほど向いている機種ではないですね。
やはり、MF機が手放せないわけです。。。が、EMは昨夜写真を一緒に撮りに行った職場の方に売りつけたので用意しないとなー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/447-bb435f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad