Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理は続くよどこまでも・・・

数ヶ月前のジムニーの燃料ポンプ交換から始まり、ジムニーのエンジン焼き付きの結果自走不能状態。
そして先週には2台のカメラが修理にいく事となり
さらに日曜には修理を諦めたジムニーの代わりに借りている実家の軽トラのウィンドーが外れました。。。
数ヶ月以内にまた何か大きな物が壊れたらもうやばいかもw

と、軽く欝が入ってますがF100の修理の際に傷がついたトップカバーの交換をお願いしています。
で、ネットでいろいろ見て回ってたらD200のトップカバー交換って言う記事がありました。
そこを見ますとトップカバー自体がメインコマンドダアルやらシャッターボタン・給送モードダイアル・シンクロターミナルetcのアッセンブリパーツとして扱われているようで
交換でカバーもろともボタン類まで交換されたそうです。
D200とF100が同じ状況になるとは限りませんが私のF100ももしかしたらボタン類も全て交換になってしまうのかもしれません。

中古で買ったものなんでリフレッシュされて気持ちが良いと感じるべきなのかカバーだけの交換じゃないともったいないなと感じるべきなのか、、、
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/453-3f9a36dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。