Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Finepix F700

F100の修理を諦めてちょっと凹んでましたが
無償修理をお願いしていたF700の修理が完了しました。
というのも中古で買ったものが既に壊れてたんですが
壊れた箇所が無償修理扱いになる箇所だったので無償修理をお願いした次第。
つまり、中古で買ってまともに触ってないわけです。
で、やっとのファーストインプレッションです。

まず、外装のデザインは良いですね。
フジのフィルムカメラはデザイン的には微妙なものが多い気がしますがコンパクトデジカメに限っては結構いいものが多いような気がします。
また、ボディ前面の指掛りと背面ズームレバー下のくぼみがあってフォールディングしやすいですね。
ボタンの配置も多すぎず少なすぎずいい感じ。
ですが、内部ソフトの設定はちょいと微妙ですね。
設定メニューが通常のメニューとフォトモードで分かれているのが微妙です。
S6000fdも同様だったのですが感度設定や解像度設定などを独立したボタンで呼び出すメニューに分けています。
それならペンタックスやリコーの好きな機能を登録できるボタンのほうが嬉しいわけです。
また、セルフタイマーの設定が1コマ限りであるのが非常に使いにくいですね。
セルフタイマーは連続で使われることは無いというのがフジの見解なのかもしれませんが
スローシャッターになるので三脚を使うような状況では連続してセルフタイマーを使った撮影をするわけで
少なくとも私の使い方では1コマでセルフタイマーが解除されるのは不便です。
MFが一応搭載されていますが距離指標がないので正直使い物になりません。
コンパクトデジカメのMFは液晶でのピントを見てのMFではなく
距離指標を目安にした目測MFってのが順当な使い方だと理解しているのですが
フジの見解は違うようです。
ちなみにS6000fdのMFも同様でした。
S6000fdのMFはオーバーインフ状態にもなったので更に使いづらい状態でしたがw

室内で適当に取る限りでは広いダイナミックレンジよりもノイジーな所が目に付きます。
F700は感度オートだと最低感度が160ですが感度固定だと200が最低となります。
200というのもネックですがOptio W30の200なんかと比べてもノイジーな印象がぬぐえません。
raw記録に対応している機種ですが確かにrawで現像すると諧調は豊かになります。
が、ものすごく良くなるって言うわけでもなくノイジーな絵には変化なし。
ただし、画質評価は晴天屋外での撮影後にすべきかも。
歪曲収差はそれなりにでています。
広角で樽型で望遠で糸巻きがでるというのは一般的なところです。
歪曲が収まるのは35mm判換算で90mm前後となりますので被写体のゆがみを気にする方にはイマイチお勧めできない感じも。
ストロボの制御は比較的信頼が置ける物で積極的に光らせてもいい気がします。

起動時間やraw記録を除いた書き込み時間は相当速く。
ストレスは感じません。

電池の持ちですが悪いという評判です。
私のは中古なので当てになりませんが
ストロボ撮影を10回ほど繰り返すと電池残量がみるみる減り
更に10数回で撮影不可になる状態でした。
が、充電とストロボ撮影を何度か繰り返すと持ちが多少良くなりました。
まだ、部屋の中で弄くってるだけなので実際に使う時にも不便なく使えるレベルなのかは不明。

というのがファーストインプレッションです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/455-ccb8f46b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。