Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATH-RE3その2

ピンクノイズでのエージングを28時間ほどしました。
今回は早くエージングを済ませたかったので
どうにか耳につけてられるくらいの大きな音量でしました。
やはり極端に低音の出ない特徴はほとんど改善されていませんでした。
ただ、まったく低音が出てないわけでもなくて
イコライザで補正してやれば大分低音が出るようになります。
それでもやや高音よりのフラットなバランスなんですが。
高音よりなんですがシャリつき気味でボーカルのサ行やタ行もソースによっては痛くなります。
基本的には曇った音・篭った音なんですがパッドが小ぶりなスポンジですので
耳への密閉性がかなり低く低音が抜けて最終的には明るい音に聞こえます。
しかし、明るい音なだけで明瞭な音とはいいがたいと思います。
音の解像度も分離も悪く、艶や響きもなくきこえますので音楽を楽しむにはかなり厳しい性能かと思います。

なおオーバーヘッドのヘッドフォンでありながら装着感は非常に軽く、
金属バンドを手で広げてやれば側圧もかなり弱く調整できます。
長時間の使用でも疲れにくいとは思います。

遮音性や音漏れ防止性能は非常に低く人のいない静かな場所での使用をお勧めします。

2千数百円で入手できるとは思いますがレトロなデザインが目的であったり
TVなどを長時間視聴するなどの目的でなければお勧めできない製品だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/55-e2c6a01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。