Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

k-mのスクリーン掃除

 スクリーンのミラーボックス側についてたほこりを取ってたら裏側に埃が行ってしまったと書きましたが
対処完了です。
kmscreen.jpg
 このK-mは交換スクリーンが用意されてる機種ではありませんがスクリーンを外せる構造になっています。写真では良くわかりませんが矢印が示している部分の奥に着脱用の爪があり、それを手前に引っ張ることでスクリーン押さえ金具が落ちるようにできています。マイナスドライバーなんかでできると思います。外したら写真に見えるスクリーンの右上付近の出っ張りをピンセットなんかでつまんで取り出して埃などをブロワーで吹けば掃除できるわけです。
 が、私は一連の作業をLX用交換スクリーン付属のピンセットで行いましたので割と安全に作業できましたがスクリーン自体は傷がつきやすいデリケートな部品なので自信がない方は触らない方が無難です。しかも、このK-mはスクリーンとボディーの間に金属のシムがあってスクリーンを外すとこいつも落っこちてきます。スクリーンを戻す時にこいつが相当厄介で作業時過程の写真を取り忘れていましたがブログ記事のために再度スクリーンを下ろすのがいやであきらめたくらいなのです。。。
 どうしても、ペンタミラー側に入った埃が気になるのならスクリーンを外す必要がありますができればスクリーンの埃は気にしないのが吉だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/609-4f8822fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。