Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

結局のところこの自転車には縁がありませんでした。

 ちょっと前の記事でダホンのデモンタブル車の分割部分の固定が弱いという記事を書きましたが、購入店でカーボンパーツの滑り止め剤(フィニッシュラインのファイバーグリップ)を分割部分に塗布してくれてほんのわずかしかずれない様にはなりました。しかし、ほんのわずかだといってもフレームの分割部分がずれるというのは車道を走らなければならない自転車では気になります。あと、滑り止め剤でずれ対策しているのもやはり気持ち悪いと。

 中略

 結果、昨年9月に購入したばかりで装着パーツなどもほとんどいじってもないデモンタブルのスムースハウンドですが手放すことになりました。購入後しばらくして昨年11月中ごろから今年の2月まで自転車に乗らない期間があったので積算走行距離は大して伸びずサイコン読みで610kmでした。(私が買った個体特有だとは思いますが)分割部のずれに非常に不満を持ったのを除けばメーカー希望価格13万という値付けに相応しい自転車でした。ただ、分割フレームは折り畳みフレームに比べて輪行袋などにまとめるのに手間がかかり、どちらかというと自動車への積載向けのようでした。現行のスムースハウンドがデモンタでなく折り畳みに変えられたのもメンドクサイってユーザーの声があったからなんでしょうね。
 スムースハウンドの次は実はもう2機種に絞られているんですがまだ予定段階ですのでまた後日記事にしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/742-e8135bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad