Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

ビアンキミニベロのメンテなど (2012/4/3)

 昨日(2012/4/3)やった作業です。昨日は風雨が激しく自転車もウォーキングも出来なかったので最近気になってた箇所に手を入れました。
IMG_0663.jpg
 今回用意した補修パーツの写真です。ホコリがたくさん残ってますが気にしない。写ってるブツは奥がVブレーキ用のブーツです。手前左がオクタゴンというらしいです、最近知りました。手前右がインナーワイヤーキャップとなります。他にも写真を撮り忘れましたがロード用のブレーキインナーワイヤーに少し前に紹介記事を書いたブラックバーンのプラボトルケージも今回取り付けちゃいました。まあ、若干の自転車の知識がある方くらいでも気がつくかと思いますが、今回はブレーキワイヤーの交換と周辺小物の交換です。
IMG_0667.jpg
 作業前の前ブレーキです。ブーツがぱっくり切れてしまって役をこなしてません。後ろは写してませんが、前のように完全に切れてまではいないものの端に切れ目が入りつつあります。
IMG_0669.jpg
 作業後はこんな感じです。形状は違いますが作業前のブーツはデオーレ標準のブーツです。新しいのはどのタイプになるのかは分かりませんがこちらもシマノのスモールパーツのようです。デオーレ標準のブーツのほうがかっこいいですね^^;
IMG_0666.jpg
 これもオクタゴンと呼んで良いのか分かりかねますがトップチューブとリア用のブレーキインナーワイヤーが接触し傷が付くのを防止している標準ゴムパーツです。透明な合成ゴムみたいですが劣化してネトネトになってます。さらにゆるくなってしまって自転車保管時に縦に吊っているのでこのゴムがずれてしまいます。そんなんで毎度乗る前にワイヤー露出部の中央に寄せるんですがめんどくさいと。
IMG_0671.jpg
 オクタゴン装着部分のクローズアップは手振れとかの諸事情で存在しないことになってますが上の写真をみればトップチューブ上に3個付けたのが分かるかと思います。経年でどうなるか分かりませんが現状ではゆるさもなくて縦吊り保管をしてもずれなさそうです。期待していたブラックバーンのボトルケージはボトルが刺さってないとあんまry

 今回はオクタゴン装着とVブレーキブーツの交換が主目的でしたが、ブレーキインナーワイヤーの終端の長さがそれほどなくてキャップ付近を切ると再利用が厳しそうでしたのでワイヤーも新品に交換しましたがブレーキの引きが軽くなってびっくり。まあ、交換前のワイヤーは店で10速化の作業に付随して交換してもらったもので一般的なグリス塗布でアウターに差し込んでいました。使用期間は1年も経ってないと思います。で、今回のワイヤー交換作業ではグリスを塗るのがめんどくさくて^^;アウターにインナーを差し込みながらレスポのチタンスプレーを吹き付けてグリスがわりの潤滑としました。そのチタンスプレーが効いたのか単に新品だから引きが軽いのかは判断付きませんが、引きが軽いブレーキってのはとても良いものですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/783-c4c04aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad