Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

S6000fdその3

DSCF0073-1.jpg


画像処理エンジンでの矯正ではありますが10倍ズームのワイド端の歪みがかなり少ないなど値段の割りにいい感じのS6000fdですが、
レンズ内の反射対策ははっきり言ってお粗末で太陽や街灯が画面内や画面内を少し外れたとこにあるとはっきりと悪影響が感じられます。

またピントあわせがCCDコントラスト方式のAFか液晶を使ったMF(距離指標無し)しかありません。
ピントの無限遠固定や3?5m固定ができたらと思うんですが、ないので夜に撮影する時はピント合わせに苦労します。
加えてレリーズやリモコンがないので三脚を使って撮影する時なんかは基本的に2秒セルフタイマーを使います。
しかしこのセルフタイマー1コマ取るだけで解除されてしまい、毎回セルフタイマーを設定しないとダメです。
正直だるいでです。

こんなんで夜の撮影をしてみた感じでは30秒までのシャッターが切れてノイズも割りと抑制されてて画質から見たコストパフォーマンスは非常に高いと思いました。
しかし使い勝手は微妙なとこありでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/82-06fa193e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad