Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の走行距離その1 (2012/4/21)

 午前中にSPEED P8で2時間54分で距離55kmを走行。ルートラボによると距離:55.4km 最大標高差:108mとの事でした。今回は1-3kmくらいの登坂を3箇所コースに組み込んでみましたが、1箇所目のビアンキミニベロでよく行く坂(距離1.3km・全体平均斜度5%・標高差67m)が若干苦しかったです。デフォルトの11-32Tの8sカセットを早いうちに11-34Tの9sカセットに変えたいところです。
IMG_0818.jpg
 15日にもSPEED P8で約40kmを走行していますが今回は50km超の走行を達成しました。が、まだ余力があったので70kmはいけそうかと思います。また、エルゴンのグリップの取り付け角度をいろいろこねくり回した結果、40kmの走行でも手のひらのシビレや痛みは出ませんでした。45km時点で少し手のひらが痛いかなと思ったんですけども乗りなれたからかも知れませんし、エルゴングリップの効果だとは断言できませんけれどもね。
 サドルを標準サドル→VELO Tempo-Z1→標準サドル(こちらも実はVELO製)と変えてみて今回は標準サドルを使っていますが、標準サドルのほうが私には合っているようです。Tempo-Z1はちょっと座面が柔らかすぎて10km以内の走行ならいいかもしれませんが長距離になると若干オシリに痛みを感じてきます。また、Tempo-Z1は幅が広くて折り畳み自体には支障はないんですが折り畳んだ際のでっぱりが大きくなりますので折り畳みサイズにこだわったり輪行袋に入れる時にはデメリットとなる可能性があります。このTempo-Z1はブルックスのB17と同じ幅なのでSPEED P8にブルックスをつけるのも折り畳み時のサイズにこだわるならデメリットになるかもしれません。
IMG_0823.jpg
 三ヶ島の折り畳みペダルFD-7はビアンキミニベロやTREK 7.3FXで使ってた靴をしっかりホールドできるハーフクリップ付きのペダルやBMXペダルと比較すると若干靴がすべる感覚があって頼りがない感じです。ですが実際には50km超を走れているので問題はないんでしょう。ただ、靴がすべるといっても先代モデルのFD-6よりも靴への食いつきがよくなったようですが。ちなみに私は過去に両面SPDやハーフクリップでなくストラップ付きのトークリップも使ったこともあります。ですが気軽さを重視したいのとSPDやトークリップだと私は右足の裏がしびれやすいので引き足がちゃんと使えるペダルは使っていません。停止時に足をペダルから降ろす左足と違って血行が悪くなりやすいんでしょう、身体のゆがみや靴の問題も絡んでるのかもしれませんけれどもね。安いインソール(ショックドクターの安いの)ではほとんど改善しませんでした。ハーフクリップでも右足裏が若干しびれることがあるんですがFD-7だと足を締め付けるものがないせいかほとんどしびれません。

 とりあえず、購入後170kmほど乗ってみましたが今のところ不具合なし!というわけでそろそろ本格的にパーツ交換をしていこうかと思ってるところです。まずはカセット・シフター・RD・チェーンの交換をして8s11-32Tから9s11-34への変更をしてロー側の強化とグリップシフトからおさらばをしようかと思います。あとはクランク長170mmより165mmの方が好きなのでクランク交換ですかね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/823-d6b7872b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。