Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

本日の走行距離 (2012/4/24)

 夕方にビアンキミニベロで1時間11分で距離24kmを走行。フラットハンドルで前傾の弱い乗車姿勢のSPEED P8よりもドロップでブラケット位置がサドルよりも1~2センチは低いビアンキミニベロは速度は出せるんですがむしろゆったり走りたい時には逆に走りにくいなと最近感じてしまいます。でも、今つけているステムは最大限まであげていますしVブレーキが使えるドロップハンドル用ブレーキなんてキワモノを使っている関係上リラックスポジションを取るときに役に立ちそうなインラインレバー(補助レバー)も使いにくいと。まあ、Vブレーキを引けるインラインレバーなんてキワモノもあるにはあるんですがそもそもインラインレバーってだsry
 さらにいうとドロップの下ハン部分は私の使い方だとまずいりません。てなわけで最近はドロップから違うタイプのハンドルにも変えてもいいかなと思うことがあるんですが、まあ悩むというかお財布の制約もありますし決め手にかけます。

計画その1
ブルホーンに変えてみる。取り付け角度によっては楽な姿勢になるかもしれませんが劇的にはかわらなそう。レバーは購入店で過去相談した時にはドロップ用のレバーだとワイヤールートが云々であんまりお勧めしないとの事。TT用レバーに変えれば問題なさそうですが当然ブレーキ本体はカンチになりそうです。
必要部材:ブルホンレバー・TTレバー・バーテープ・ワイヤー類・カンチブレーキ本体

計画その2
ダホンスムースハウンドで使った経験があるマスタッシュバーに変えてみる。スムースハウンドについていたマスタッシュは若干幅広でとり回しがちょっと難がありましたがドロップ用レバーを先端につけたマスタッシュバーはなかなか使い心地がよかったです。もうちょっと幅が狭ければよさそうなんですが、探してみたところ日東のB307ってのが現行品のマスタッシュバーで割りと幅が狭くなっています。ブレーキレバーとブレーキ本体は今使っているものが使いまわせますが見た目でいうと最近某ブログで見かけていいなと思ったTRPの穴あきレバーはいいですし、カンチはシマノのCX70ならそれなりに制動力がありそうです。
必要部材:マスタッシュバー・バーテープ・ワイヤー類
場合によっては必要になる部材:26φ→25.4φ変換シム・カンチ用のブレーキレバー・カンチブレーキ本体

計画その3
がまん
必要部材:忍耐力
場合によっては必要になる部材:他のいじる箇所・・・すでに見つけちゃっていますが。

 とまあパーツ交換熱はおさまらないんですが、本日走行後にステムを限界より3mmほど超えて上にあげて、ブレーキレバーの取り付け角度を上にしてまた様子を見てみたいと思います。なにしろ5月は105のコンパクトクランクを導入するのでさすがにハンドルは変えたくてもお預けです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/830-365a8f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad