Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

2012/5/12の走行距離

 25日までネット回線がないので更新しないと前回記事にコメントしましたが短時間ならネット接続できそうなのでゆるゆると更新していきたいと思います。
 2012/5/12夜にビアンキミニベロで46分で13.5kmを走行。ホローテック2の現行105コンパクトクランクに昨日切り替えてアウターもインナーも小さいギアに変わったので登坂テストです。平均斜度5%で1.3kmの坂を走ってみましたが前34T後25Tを普通につかってしまいました。クランク交換前の前39T後25Tから比べるとギア比が低くなりすぎるので今回の交換では手をつけなかった105の11-25Tのカセットを場合によっては11-23Tに変えようなとか考えていましたがその必要はなさそうです。TREK7.3FXやSPEED P8のようなフラットバー車だとダンシング(というよりもシティー車でやってた立ち漕ぎか?)は出来るんですがビアンキミニベロではダンシングをしようとするとバランスがうまくとれません、ドロップハンドル車でのダンシングに慣れていないのかビアンキミニベロ自体の問題なのかはわかりませんけれどもね。シッティングで登板だと重いギアをぐいぐいトルクをかけて回すよりも無理のない軽いギアで速く回したほうが断然楽です。なので、貧脚の私としては前34T後25Tだとケイデンスをあげられてシッティングで漕ぎやすいのです。アウターもほとんど使う機会のなかった交換前のアウタートップ相当のギア比がなくなるだけで問題なしでした。
 ギア比以外の使い勝手としては手でクランクを回した時の摩擦抵抗は交換前(スギノマイティーコンプ+シマノUN54)よりも心なしか増えたような感覚がありましたが実際に漕ぐとケイデンスを上げやすいような気がします。そこらへんはケイデンスメーターがないのであくまで感覚なんですが。ベアリングの性能ではなくホローテック2の広いベアリング支持間隔やらクランクの剛性やらでケイデンスをあげやすくなったのかもしれません。見た目はともかく使いやすさでは交換して大正解のようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/872-2f49f111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad