Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の走行距離(2012/5/19)

 ビアンキミニベロで1時間10分で20kmを走行。マスタッシュハンドルの調整をしながら走りました。20km走りましたが特に違和感はありません。使い勝手に関しては感動もなく、ネガティブイメージもありません。前のハンドル&ステムに比べると前傾姿勢が弱くなったのでゆったりと楽になったのは確かですがそれはポスト長の短いステムを使っていたせいもあったのでドロップハンドルのままで前傾姿勢を弱くすることも可能だったでしょう。が、見た目はとても個性的になりました。某A氏も言われていましたが昔の若年層向けスポーツ車ではセミドロップハンドルとしてB307AAに近い形状のハンドルが多く採用されていたらしいのですが私は世代的に自転車に自動車のようなシフトレバーやリトラクタブルライトがつけられていた時代から外れていますのでB307の形状は未知の物で新鮮味があります。
IMG_1193.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/876-36cf1bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。