Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

本日の走行距離(2012/5/26)

 午前中にSPEED P8で1時間39分で30.4kmを走行。いつもの坂と自転車で行くのははじめての小高い丘を含んだルートです。少し前のいじりでRDの調整をして変速がかなりすばやく行われるようになったのですがリアTOPギアでフロントギアからチェーンが外れやすいようです。帰宅後にRDのガイドプーリーのTOP時の位置を若干内よりに再調整をしましたが連続して変速したりすると落ちやすいようです。また、今回の走行時に落ちた時は変速時ではなくケイデンスをあげた時です。リアTOPでなければ落ちないようなので様子見ですがチェーンラインの関係でしょうか。ただし、現状でリア3-5速でチェーンラインが出ているのでTOP側でチェーンラインが出るように調整すると今度はロー側のラインが厳しくなりそうです。Bテンションボルトを初期状態よりも緩めているのでチェーンのテンションが足りていない可能性もあります。とりあえずBテンションボルトを締めてみます。
※追記:前回のいじりでチェーンつまりや音鳴りがなかなかしなかったので初期状態よりもBテンションボルトを大分緩めてプーリーとカセットの間隔を大分縮めたのです。プーリーとカセットの間隔が狭いほうが変速が素早くなるようなのですが、デメリットは縮めすぎた場合のチェーンつまりぐらいしかないと思い込んでいました。ですが他のデメリットとしてフロントギアからチェーンが外れやすくなってしまう事もあると検索して知りました^^;とりあえずBテンションボルトを締めて様子見です。
※追記2:TOPでチェーン落ちするのはチェーンラインというよりもチェーンのテンションが不足してたんでしょうね。
IMG_1228.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/888-aee4092b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad