Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

昨日の自転車いじり(2012/6/16)

 昨日は天気が悪かったので自転車いじり。ビアンキミニベロのブレーキレバー(ダイアコンペ204QC)の固定金具を馬鹿力で変形させてしまったので新しいブレーキレバーを導入しました。ダイアコンペのGC202に穴あけ加工をしたGC202Hにする予定でしたが穴あけなしのGC202となりました。店で注文する時にGC202Hがいいけども、なかったらGC202でもOKって感じで伝えたのでした。穴あきレバーでなくて少し残念ですがまあいいでしょう。
 写真は今回は撮ってないのでそのうち追加で載せるか他の記事の時に紹介するかします。作業はまあこのくらいは当然DIYでバーテープはフィジークの赤カラーからシルバのチェレステカラー・コルク・ロゴなしに変更です。フィジークのバーテープは耐久性が抜群で巻きなおしをして使ってるいる人もいるようですが再利用はやめました。フィジークと比べると見た目と握り心地はシルバのチェレステの方がよいです。ただし、巻きやすさはフィジークの方が上のように感じます。GC202は204QCよりかは全体的に綺麗なつくりでしたがレバーの表面処理については204QCよりかはましとはいえ荒めです。204QCでやったようにピカールや番手の大きい耐水ペーパーで磨いてやればツルピカにはなりますがとりあえずは面倒なのでそのまま取り付けました。問題の取り付けクランプ金具ですが204QCは単に板金を曲げただけでクランプ金具がそのままナットの役割になっていました。対してGC202だとクランプとナット部分が別パーツになっていてクランプの材質も強度がありそうでナット部分も十分な厚みがあるので204QCよりかは頑丈なつくりになっているようです。全体的な形状はそこまで大きな違いが感じられない204QC(値段が約2千円)とGC202(値段が約3千円)ですがさすがにGC202の方が千円高いだけのことはあるようです。
 試走行はしていないので今夜路面の水溜りが少なくなっていたら試走行したいと思います。
写真を追加します。
IMGP0275.jpg
Qのボケコントロールモード使いにく。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/909-fe5d7fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad