Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

最近のパソコンいじり

 最近ライトルーム4などを導入したかったのですが手持ちのPC3台(大分前に組んだ自作機:アスロン64 X2 4200+・mem3GB・winXP/eeepc1000HA:Atom N270・mem1GB・winXP/K53TA:A6-3400M・mem8GB・win7)ではOSとスペックで判断すると昨年末に買ったK53TAしかないだろうって事で導入するならK53TAと考えてはいたのですがK53TAだと内蔵モニタの解像度が低くて一度に表示できる情報が少ないと言うのがネックでした。そんなわけでK53TAにつなぐ外部モニタを買ったと言うのが前回のパソコンいじりのお話。
IMGP0547-Edit.jpg
 で、最終的には机の上がこんな感じになりました。液晶モニタの追加に加えてモニタアームも追加して自作デスク用のモニタが右上になり、左のモニタがK53TAの外部モニタになっています。位置的にK53TAの内蔵キーボードは使えないので外付けのキーボードを使っていますが当初シルバーのパンタグラフキーボード(バッファローBKBC-J91SBK)を自作デスク用にして手前に最近使っていなかったFILCOのMajestouch黒軸タイプを置いて使ってみたのですがさすがに机の上が狭すぎたので写真にある手前のパンタグラフキーボード(バッファローBSKBU03)を調達してきたのでした。
 3台のモニタはモニターキャリブレーションツールなどは持っていませんので同一の写真などを表示させながら手動で調整しましたが手動調整自体が難しいのに加えて見る角度で色が七色に変わる安物モニタなのでイマイチな調整となってしまったと思います。が、デフォルトよりかは3台が似たような発色になったかと思います。また、設置状態ですがモニタ3台・マウス2台・キーボード2台(厳密には3台か)が机の上にあって、さらにスピーカーが3台(2セット4台のうち1台は写真左のぶっ壊れてるプリンターの上に)・無線ルーターと光モデムとモニタの裏は異次元空間となっております。まあ、私の部屋全体がこの写真の上の机のような状態ですよ^^;なんとか整理整頓しないと。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

タイトルなし

 アドビガンマやnVidiaのグラフィックカードドライバでできる簡易ソフトウェアキャリブレーション機能をもったフリーソフトがあってので使ってみました。Calibrizeってソフトですね。自作デスク機接続のモニタとK53TAの外部モニタの色傾向はそれなりに合うようになりましたがデスクで使ってるモニタが2年選手くらいで輝度が大分落ちてきていて片方だけレンジが狭いように見えます。
 ついでに、ライトルーム4は既に入手済みだったりします。事前に体験版を使っていたのですが機能の習熟に時間がかかりそうです。汎用RAW現像ソフトとしてシルキーピックスPro5やアフターショットプロなども体験版をテストしてみたのですがライトルームが値段も安く手持ちのデジカメ(K10D/DP2X/Q/S90)のRAWデータ全てに対応していたのでライトルームを導入することにしました。シルキーピックスだとS90に非対応で値段が高い。アフターショットプロは値段はライトルーム同様に手ごろでライトルームよりも若干動作が軽かったので気持ちが動いたのですがDP2XとQに非対応とそれなら今まで通りデジカメ付属のRAW現像ソフトでいいじゃないかと考えたのです。

  • 2012/07/16(月) 21:32:13 |
  • URL |
  • お茶 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/936-6957a189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad