Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に音楽CD購入の報告でも

 中野でCDを買いました。8/14のお話です。年に数回、吉祥寺や中野に行ったときには中古CD屋などで一度に数枚のCDを購入しているのですがブログに購入報告するのはここ何年もやってない気がするので久々に書いてみます。

 まず1枚目はバンドとしての驚異的な演奏技術と奇想天外な曲が売りのイタリアのプログレバンド(というよりジャズロックバンド)AREA(アレア)が1975年(日本盤は1977年発売?)に発表したライブアルバムのAre(a)zione。ハタチより数年くらいの歳のころにスタジオアルバム4作目のMaledetti(Maudits)を購入して以来、ちびちびとアレアのアルバムを買い揃えて来ましたが名物ボーカリストの故ディメトリオ・ストラトス在籍時(存命時)の5枚のスタジオアルバムが昨年手元にようやく集まり、今回は初所有のライブアルバムとなります。ライブはイタリアでの共産党の集会(お祭り?)の中で行われたもののようですがその政治的メッセージに関しては私は関心を持ってないうえにイタリア語を解さないのでスルーをします。
 内容はリマスターのせいか音も割りと良く、演奏もアレアのスタジオ盤で気に入った人が聞いても納得できる凄まじい演奏となっています。演奏中に林檎をがっつりむしゃむしゃと食べる有名なパフォーマンスも収められていました。

 2枚目はスウェーデンのAnekdoten(アネクドテン)が1993年に出した1stアルバムのVemodです。アネクドテンはキングクリムゾン風だって評判は目にしたことはありますが実際に聞くのは今回が初めてです。確かにキングクリムゾン風です。が、ちょっと血の気が抜けた虚弱な感じがしたのは気のせいでしょうか。1枚アルバムを持ってたネヴェルネストくらいラウドなほうが好みだったりします。

 うん、演奏知識がないんでこんな漠然とした感想しかかけませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/949-0eccc998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。