Ocha's omission photographs

~ 写真・カメラと自転車、そして無駄遣いの日々 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買った工具(2013年2月その2)

今月はアストロで一度買い物をしていたのに2回目の買い物をしてしまいました。だって、とある週代わりセールの工具が欲しかったんですもの。

クニペックス ウォーターポンププライヤ コブラ 250mmサイズ
IMG_1797-Edit.jpg
はい、アストロの週代わりセール品です。3680円なり。上の写真を見ればわかるとおり姉妹品のアリゲーターの250mm(上のほう)も持っていて仕事用工具として使っていいます。コブラは自宅用といいいますかアリゲーターとコブラの比較をしたかったのです。他にもTOPやホーザンのウォーターポンププライヤは使ったことがあります。
IMG_1803.jpg
どちらもウォーターポンププライヤでよくある2枚のプレート状金属の重ね合わせではなく支点部は3枚構造になっています。さらにパイプくわえ部が平行四辺形でギザの付け方を工夫することで一度強く握ってやれば1枚目の写真でいうと品番の書いてあるほうのハンドルに力を加えてやるだけでもパイプから脱落しないというのも特徴のようです。パイプレンチ的な使い方もできるってことらしいです。他のウォーターポンププライヤに比べて対象物をくわえる力が強いというのはコブラ・アリゲーター双方に共通した特徴です。
IMG_1802.jpg
アリゲーターはアゴのスライドはハンドルを大きく開くとスライドできる仕組みになっていて見た目は一般的なウォーターポンププライヤとは異質なんですが使い心地は割りと普通です。
IMG_1801.jpg
コブラは支点部のボタンを押しながらでないとスライドできないようになっています。また、スライド時のピッチが細かいです。ボタンを押さない限りスライドしないので同じ径のものを繰り返しつかむような作業には不用意にスライドすることがなくて快適だと思いますがボタンを押しながらスライドさせるのは率直に言って面倒です。
IMG_1798-Edit.jpg
IMG_1799-Edit.jpg
あと、コブラとアリゲーターで差が出てくるのはアゴの開閉度です。写真を見てもらえばわかると思いますがアリゲーターは大きく開くことが可能です。まあ最大開口の写真を見るとここまで開いて何をつかむんだという気もしますが。。。
さらに値段について言及するとコブラのほうが高いです。不用意にスライドしない代わりにスライド調整自体が面倒くさくてアゴが大きく開かずに高価なコブラと一般的なウォーターポンププライヤと使い心地があまり変わらなくてコブラよりかは安価なアリゲーター。どちらかを選べといわれたら私はアリゲーターです。アリゲーターも強力に物をくわえられることに違いはないですし。ただ、ボタンを押さないとスライドしないってのは大きな特徴ではありますのでそこに惹かれるのならやはりコブラしかないわけです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ochablog.blog63.fc2.com/tb.php/973-f891ab9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。